EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 非メタル年間ベスト
引き続きメタル以外の洋楽/邦楽の年間ベストです。

年を重ねるごとにミーハーな選出がどんどん混ざるようになってくるのはなんなんだろう。丸くなったってことかな。
ジャンルもへったくれもありませんが、好きなものを並べました。

ちなみに洋楽/邦楽の年間ベストはこちら(→クリック)。

<洋楽/邦楽 アルバム部門>

1位. あさき 「天庭」

あさき 天庭

 →YOUTUBEへ

今年の1位はコナミのゲームコンポーザーであるあさきの2作目。
ビートマニアシリーズの作曲で有名な人らしいのですが、別に音ゲーとかやらないのでそっち方面の活動はほとんど知りません。音楽性の方はプログレ風シンフォニックメタルをやっているヴィジュアル系といった感じのサウンドですが、完成度が相変わらず異様に高い。1stも超名盤でしたが、こちらもそれに負けず劣らずの1枚でした。
中でも10分に及ぶタイトル曲"天庭"の聴きごたえがやばい。


2位. 八十八ヶ所巡礼 「0088」

八十八ヶ所巡礼 0088

 →YOUTUBEへ

プログレ/サイケデリックロックバンド。
馬鹿テクギターとねちっこくうねるベース、そしてパワフル&ストイックなドラムの3人組による、変態集団。テクニカルなのに独特の親しみやすさがあり、それ以上に凄まじい中毒性があります。今までの作品も強烈だったけど、今作の完成度も異常。Voの歌い回しが好き過ぎる。一番好きな曲は"宇宙の末端☆ミ"。

3位. 妖精帝國 「PAX VESANIA」

妖精帝國 PAX VESANIA

 →YOUTUBEへ

「人間がいつしか忘れてしまった、妖精を信じる純粋な心を思い出してもらう」ために活動するプロジェクト。一応はアニソンを歌うプロジェクトなのかな?メタリックかつ仰々しいシンフォサウンドを軸とした楽曲が素敵。歌メロもキャッチー。そしてVoの声がかわいい。"Astral Dogma"がキラーチューン。


4位. DAFT PUNK 「RANDOM ACCESS MEMORIES」

Daft Punk Random Access Memories →YOUTUBEへ

ここでやっと洋楽から1枚。テクノ畑から出てきたアンドロイド二人組。もともと一般受けしそうなテクノサウンドでしたが、今作では電子音を取り入れたポップスって感じでさらに聴きやすくなったという印象。世界的に見て大成功した作品ですが、それも納得の素晴らしい一枚だと思います。"Get Lucky"とかもう「そりゃあ売れるわ」って感じ。


5位. でんぱ組.inc 「WORLD WIDE DEMPA」

でんぱ組.inc WORLD WIDE DEMPA →YOUTUBEへ

ここでまさかの!まぁ色々あってライブも行っちゃったし、それもあってなんだかんだすげぇ聴いたし、"でんでんぱっしょん"とか普通に好きだし。アルバムとして手元に手に入れたのは12月だけど、シングルで先に聴いてた曲がサクッとまとめられてて良かったです。


6位. 月光グリーン 「叫鳴」

月光グリーン 叫鳴 →YOUTUBEへ

いかにもなJ-ロックなのですが、わりと良い曲が多かったです。中でも"カラス"のサビがすげぇ好きだった。


7位. 核P-MODEL 「гипноза」

核P-Model гипноза →YOUTUBEへ

平澤進が核P-Model名義で出したアルバム。
核P-Model名義では9年ぶりの2作目ですが、どんな名義だろうと平澤進の個性が存分に発揮されていることに間違いはなく、相変わらずポップで奇妙なテクノでした。タイトル曲"гипноза"が良い。


8位. 下衆の極み乙女。 「ドレスの脱ぎ方」

下衆の極み乙女 。 ドレスの脱ぎ方 →YOUTUBEへ

ヒップホップとプログレの要素を押し出した不思議なサウンドのくせに、曲としては普通にポップな感じにまとまってるバンド。さりげなく技巧派なのも良い。キラーチューンは"ぶらっくパレード"。


9位. EMINEM 「MARSHALL MATHERS LP2」

eminem marshall mathers lp2 →YOUTUBEへ

エミネムが過去の名盤のタイトルを引っ張り出して2として出してきた!エミネムはなんだかんだ親しみやすいラップが多くてすごい。売れるのもわかるわ。そしてエミネムの声を聴くと中高時代にわりと聴いてたのを思い出して懐かしい気分になれる。先行で出てた"Berzerk"が一番好き。


10位. AVICII 「TRUE」

Avicii True →YOUTUBEへ

やっとアルバムを出したスウェーデンのDJ。
アコースティックな"Wake Me Up"が郷愁を誘う感じでとても好き。


11位. KALAFINA 「CONSOLATION」

Kalafina Consolation →YOUTUBEへ

梶浦由記プロデュースによる女性3人組。
主にアニソンを歌ってるのですが、アニメの方は詳しくないのでよくわかりません!シンフォニックで大仰な雰囲気とクサいメロディがとても好き。"To The Beginning"が良い。


12位. PERFUME 「LEVEL3」

Perfume Level3 →YOUTUBEへ

ここでパフューム!良い。やたら海外の流行りを意識した感じのイケイケな"Party Maker"が好き。


13位. SEVER BLACK PARANOIA 「EAST OF EDEN」

Sever Black Paranoia East Of Eden →YOUTUBEへ

今年に出た中でわりと好きだった国産ピコリーモその1。
超ピコピコなのと、変に日本詞で良い具合にダサい部分が個人的に好評価。イチオシは"Abel"。


14位. THREE LIGHTS DOWN KINGS 「LIVERTY」

Three Lights Down Kings Liverty →YOUTUBEへ

今年に出た中でわりと好きだった国産ピコリーモその1。
ニンテンドーコアばりにピコピコな部分がちょいちょいあって良い。前のEPはそこまで好きでもなかったんだけどな。
イチオシは"As I'm Alive"。


15位. FRANZ FERDINAND
「RIGHT THOUGHTS, RIGHT WORDS, RIGHT ACTION」


Franz Ferdinand Right Thoughts, Right Words, Right Action →YOUTUBEへ

英国のロックバンド。安定のクオリティ。
でもアルバム名長ぇよふざけんな。
"Evil Eye"が一番好き。


16位. GABRIELLE APLIN 「ENGLISH RAIN」

Gabrielle Aplin English Rain →YOUTUBEへ

英国出身のフォークポップ系シンガーソングライター、アプリンたん。
爽やかでノスタルジックなアコースティックサウンドと、透き通った歌声とのコンビネーションがとっても素敵。"Panic Cord"が心に沁みる。


17位. UNCHAIN 「ORANGE」

Unchain Orange →YOUTUBEへ

シャレオツなサウンドを出す国産ロックバンド。
あっさりとしてるのにさりげなく技巧派で、しかもメロディは結構頭に残るのが良い。一番好きなのは"迷宮パスワード"かな。


18位. 9MM PARABELLUM BULLET 「DAWNING」

9mm Parabellum Bullet Dawning →YOUTUBEへ

ザ・ロキノン系なバンドの9ミリさん。
歌謡曲的なくどいメロディが今作もさすがでした。
"Answer And Answer"が一番かな。


19位. VAMPIRE WEEKEND
   「MODERN VAMPIRES OF THE CITY」


Vampire Weekend Modern Vampires Of The City →YOUTUBEへ

米国出身のインディーロックバンド。
哀愁漂うメロウな雰囲気がとてもよく、しかも聴けば聴くほどじわじわと良さが滲み出てくるスルメな作品。淡々とした"Step"が素敵。


20位. TOTALFAT 「SEVEN LIVES」

Totalfat Seven Lives →YOUTUBEへ

国産メロコアバンド。
毎回わりといいなーくらいの曲が詰まったアルバムを出してた彼らなのですが、今作は"Angry Shotgun"というキラーチューンもあったし、かなり高品質だったのではないかと。キャッチーで良い。


21位. WILLY MOON 「HERE'S WILLY MOON」

Willy Moon Heres Willy Moon →YOUTUBEへ

ニュージーランドのポップミュージシャン。
60年代くらいのロックやポップスを現代の音質で再構築し、そこにヒップホップのエッセンスをほんの少しだけ注入したようなサウンド。
iPodのCMに使われていた"Yeah Yeah"が一番かな。


22位. ROBIN THICKE 「BLURRED LINES」

Robin Thicke Blurred Lines →YOUTUBEへ

米国ののシンガーソングライター。
ビルボードでも今年かなりランクインし続けていた"Blurred Lines"を始めとして、キャッチーな楽曲が並んでいたなかなか良いアルバムだと思います。


23位. 柴田淳 「あなたと見た夢 君のいない朝」

柴田淳 あなたと見た夢 君のいない朝 →YOUTUBEへ

しばじゅん!相変わらず綺麗な歌声で歌い上げられる哀しげな曲がずらり。一曲選ぶなら"あなたの手"かな。


24位. THE STARBEMS
   「SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD」


The Starbems Sad Marathon With Vomiting Blood →YOUTUBEへ

元BEAT CRUSADERSの日高央が結成したニューバンド。勢いのあるメロコアって感じでなかなか良い。"Destiny"が一番好き。


25位. 宇宙コンビニ 「染まる音を確認したら」

宇宙コンビニ 染まる音を確認したら →YOUTUBEへ

国産ポストロックバンド。ヴィレヴァンで売ってた。
透明感のある音と歌声でなかなか良いのではないかと。
冒頭の"Pyramid"からとても美しい。



<洋楽/邦楽 チューン部門>

こちらはアルバム部門で選んでないアーティストの中から選出。

最初の3枚以外はめんどいので画像もコメントも省略していますが、曲タイトルにYOUTUBEからのリンクを貼っておくので気になったらクリックしてみてください。KEYTALKSのだけ無かったので貼ってません。就活の最終面接前に聴いてた思い出の曲なのに!

1位. 惑星アブノーマル / 月夜海水浴

惑星アブノーマル 何でも無い凶器

椎名林檎と倉橋ヨエコを足して2で割ったような音楽性の、女性2人組のロックユニット。乱舞しまくるピアノと掻き鳴らされるロックサウンドとの組み合わせ、ちょっと病んだ感じのクセのある歌唱がとてもツボでした。


2位. 大日本鉄倶楽部【あさき & 96】
   / お米の美味しい炊き方、
    そしてお米を食べることによるその効果。


私立BEMANI学園ビートマニアという音ゲー用に作られた曲だそうで、アルバム部門でも選んだあさきが関わってます。タイトルからも想像出来るしょうもない歌詞も相まって、一度聴いたら絶対に忘れられない中毒性の高い曲。特にサビの「オコメ!オコメコメー!」は洗脳不可避。


3位. 忘れらんねえよ / この高鳴りをなんと呼ぶ

忘れらんねえよ 空を見上げても空しかねえよ

普通のロックと言ってしまえばそれまでなのですが、なんか一生懸命な感じのサビが妙にツボでした。アルバムの中ではこの曲だけがやたら輝いてたかな。


4位. アーバンギャルド / 都会のアリス

5位. JUSTIN TIMBERLAKE / Suit & Tie

6位. KEYTALK / Summer Tail

7位. ARIANA GRANDE / The Way

8位. CAPITAL CITIES / Safe And Sound

9位. SPYAIR / 現状ディストラクション

10位. [Champagne] / Kick & Spin

11位. DUSTBOX / Riot

12位. GARNET CROW / Nostalgia

13位. 385 / 恋がわからない

14位. LINKED HORIZON / 紅蓮の弓矢

15位. KERLI / Zero Gravity

16位. The Band Perry / Done

17位. TOFUBEATS / Don't Stop The Music

18位. will.i.am / Scream And Shout

19位. amazarashi / 性善説

20位. PEARL JAM / Sirens

21位. SpecialThanks / Getting On

22位. UNISON SQUARE GARDEN
            / リニアブルーを聴きながら


23位. HAPPY BIRTHDAY
/ イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ


24位. BABYMETAL / イジメ、ダメ、ゼッタイ

25位. 打首獄門同好会 / 88



以上、洋楽/邦楽の年間ベスト。
よく聴いた曲やアルバムを並べただけですが。

上位の方はスッと決まるんだけど、下の方はわりと悩みました。
なんか洋楽/邦楽は自分で良い曲探すのがめんどくさくなってしまって、自然と人から教えてもらったものとか、それなりに流行ったものとかに偏りがちな気がします。

まぁこっちはおまけ程度の年間ベストなので。
HR/HMの方も作ってあるのでもしよければ(→クリック)。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1715-70c06537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。