EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極楽浄土 「日本史B」
極楽浄土 「日本史B」

極楽浄土 日本史B

<収録曲>
1. ソードキャプター羽柴
2. 信長書店
3. 学問ノススメ☆
4. 生類憐れみの令
5. N.E.N.G.


神戸出身の仏教メタルバンド、極楽浄土の2作目。2011年発表。
元々は自主製作でリリースされていたようで、一般発売されるようになったのは最近だと思います。去年あたりからユニオンで見かけるようになりました。

仏教メタルを自称してはいますが、別にそんな仏教的な要素が強いかというとそうでもなく、歴史っぽい題材をノリと勢いだけで題材にしてそうな感じ。
現在解散中らしいですが、ライブごとに定期的に復活と解散を繰り返しているようで、NAVERまとめで「解散詐欺」とか言われててウケる。

音の方は正統なメタルに対する愛を織り交ぜつつも、基本的にはメタルコアに分類されそうな音。なかなかハードなリフでアグレッシヴに押しながら、サビはしっかりとしたメロディでエモい感じに仕上げてきています。どっかで聴いたことある様なリフとかメロディも多いですが、とりあえずそれはメタルへの愛だと受け取っておきましょう。Voは基本シャウトでサビだけクリーンヴォイスというありがちな感じで、格別上手いわけではないけど下手ってわけでもないかな。
歌詞の内容はアルバムタイトル通り日本史に出てくるような題材で、それを悪ふざけながら歌っているような感じです。

まずは冒頭の#1のタイトルがあまりにも秀逸。この語感の良さたるや。この語感だけでこのCDに手を伸ばしてしまったと言っても過言ではありません。曲の方はオーソドックスなザクザク系スラッシュリフが中心で、サビはいかにもメタルコアなクリーンヴォイスによるコーラス。こんなタイトルなのに普通にカッコいいから困る。そしていきなり途中で入る語りが筋肉少女帯の"イワンのばか"のパロディで笑える。
#2はこれまたザクザク系のリフが印象的ですが、全体的にみるとグルーヴィーな仕上がり。サビ前までの展開が陰陽座のグルーヴ系の曲を彷彿とさせる。
#3はこれまたどこかで聴いたことのあるようなメロディアス系とザクザク系リフを複合させた曲。緩急をうまくつけて綺麗に纏まっています。
#4もスラッシュメタル的なリフのパワフルかつコミカルな曲。クリーンヴォイス主体なので迫力不足な感じもあるかも。
#5は逆にシャウト主体の勢いのある曲。むしろ勢いしかないかもしれない(笑)

基本的に「俺ら面白いことやってるっしょ?」的なノリのバンドはあまり好きではないのですが、それを差し置いても高いクオリティをしてると思いますし、なんだかんだ面白いと思います。悔しいです。
しかもこの内容で1000円というお財布に優しい価格設定なので、興味があったらノリで買ってみれば良いと思います。

<オススメの曲>
1. ソードキャプター羽柴

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1729-6cd4aabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。