EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ENSIFERUM 「ONE MAN ARMY」
ENSIFERUM 「ONE MAN ARMY」

Ensiferum One Man Army

<収録曲>
Disc.1
1. March of War
2. Axe of Judgment
3. Heathen Horde
4. One Man Army
5. Burden of the Fallen
6. Warrior Without a War
7. Cry for the Earth Bounds
8. Two of Spades
9. My Ancestors' Blood
10. Descendants, Defiance, Domination
11. Neito Pohjolan

Disc.2
1. Rawhide
2. Warmetal
3. Candour and Lies
4. Bonus Song


フィンランド出身のヴァイキングメタルバンド、エンシフェルムの6作目。2015年発表。

勇壮かつクサいメロディでガリガリと突き進みながらオーオーと盛り上がるサウンドが特徴ですが、その路線は今作でも基本的に変わっておりません。

RPGメタルだったら秘境の村のBGMになっていそうな民謡チックなイントロ#1から一気に加速していく#2は、いかにも彼ららしい基本に忠実な疾走ヴァイキングメタルチューン。荒々しい疾走感、そのバックでオーオーと雄々しく盛り上がるコーラス、力強いデスヴォイスなど、彼らの魅力がシンプルに纏まっています。
続く#3はミドルテンポで拳を突き上げたくなる系の曲。コーラスの盛り上がり方がさすがです。
#4はこれまた荒々しく疾走する曲。メロディもクサいし、コーラスも仰々しいしとても良い。
個人的に一番キラーチューンだったのはやたらヒロイックな#6。メロディの中にそこはかとなく漂う哀愁と、エピカルで仰々しく響き渡るクサメロがとても良いです。疾走チューンじゃないのに勢いを感じる。
#8は軽快なドラムとメロディアスなリフの組み合わせが妙に印象的な曲。ヴァイキングメタルのくせにちょっぴり爽やかさすら感じさせるような軽快さです。
#10は10分を超える大曲。このバンドの長い曲はドラマティックでかなり好きなんだけど、今作はそこまででもなかったかな。ちょっとドラマティックさが足りないかも。
ディスク2のボーナスディスクにはカバー曲やウエスタンな雰囲気の曲やらが入っていますが、格別カッコいいってわけでもないかな。

ってなわけで、相変わらずのハイクオリティなヴァイキングメタルだと思います。個人的には3作目の「VICTORY SONGS」が好き過ぎてそれを超える作品がなかなか出てこないのが残念ではあるのですが、前作なんかよりも勢いがあるし、6作目なのによくもまぁこれだけ安定したクオリティを維持できるなぁと感心してしまいました。

<オススメの曲>
2. Axe of Judgment
4. One Man Army (→PV)
6. Warrior Without a War

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1777-fe978815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。