EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NE OBLIVISCARIS 「CITADEL」
NE OBLIVISCARIS 「CITADEL」

ne obliviscaris citadel

<収録曲>
1. Painters Of The Tempest (Part I): Wyrmholes
2. Painters Of The Tempest (Part II): Triptych Lux
3. Painters Of The Tempest (Part III): Reveries From The Stained Glass Womb
4. Pyrrhic
5. Devour Me, Colossus (Part I): Blackholes
6. Devour Me, Colossus (Part II): Contortions


オーストラリア出身のプログレッシヴブラックメタルバンド、NE OBLIVISCARISの2作目。2014年発表。

ドラマチックかつ美しい世界観で色んな楽器が複雑に絡み合いつつ広がっていくサウンドが特徴で、デスヴォイスなどにブラックメタル要素はちょいちょい見いだせるものの、基本的にはプログレメタルに分類されるような音楽性となっております。
ヴァイオリンが絶妙な匙加減で幽玄な雰囲気を作り出しているのも特徴かな。

曲の構成自体は相変わらず複雑に展開していくものの、基本的には前作よりもシンプルな音の組み合わせで構成されており、比較的聴きやすくなったような印象も受けます。

とりあえず#1から#3が組曲、#4はこれ1つで完結している曲で、最後の#5#6も組曲となっているので、大きく分けるとたった3曲で構成された作品ということになります。

どの曲も幻想的で神々しくて、ヴァイオリンの活躍っぷりにハッと息をのむような美しさを感じることのできる楽曲ばかりなのですが、個人的には1つ目の組曲の中核をなす#2が一番好きかな。メタルメタルしてる部分はなかなかアグレッシヴでカッコいいし、落ち着いてテンポを控えめにしてくるような部分はとても優雅で美しいしで、静と動の対比がはっきりしていて素敵な1曲です。シャリシャリとしたメロいトレモロリフも本当に良い。16分もあるのにあっという間だわ。

全体的に前作よりもポストブラック風味の音像になっており、前作ほどのインパクトは無いのかもしれませんが、内容的にはやはり非常に濃くて満足度の高い作品だと思います。

<オススメの曲>
2. Painters Of The Tempest (Part II): Triptych Lux

オススメ度…87点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1781-cff9f470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。