EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WALTARI 「YOU ARE WALTARI」
WALTARI 「YOU ARE WALTARI」

Waltari You Are Waltari

<収録曲>
1. 12
2. Tranquality
3. Solutions
4. Only The Truth
5. Mountain Top
6. Right Wing Theme
7. Strangled
8. Keep It Alive
9. Singular
10. Not Much To Touch You
11. Hyväolihyväoli
12. Drag
13. Televizor
14. Diggin The Alien


フィンランドの天才型変態ミクスチャーメタルバンド、ワルタリの12作目。2015年発表。

メタルやデスメタル、インダストリアル、テクノ、ファンク、ヒップホップ、パンクなど、ジャンルにとらわれずに自由に混ぜまくり、やりたい放題に消化していくのがこのバンドの変態たるゆえん。そのくせキャッチーで親しみやすい楽曲にさくっと仕上げてくるのが天才たるゆえんです。
今作でもその路線は基本的に変わっておらず、個性的なのに親しみやすい楽曲がずらっと並びます。

冒頭の#1はクセのあるリフと華麗なギターソロ、そして頭に残るキャッチーなサビが最高な曲。ひねくれたメロディセンスながらもキャッチーに感じさせてしまうのがさすがです。
#3はメロデスっぽい雰囲気を醸し出しながらも、なんかちょっと違うという違和感が楽しい曲。
#4はジャンル分類不能ないかにもワルタリチックな曲。トライバルで野性味あふれる掛け声などがとても面白いです。
口笛で幕を開ける#6は民謡的でフォーキッシュな曲。のほほんとした雰囲気と、フィンランド語の不思議な響きの絡み合いが胡散臭さを増幅しています。
続く#7はうって変わってデスメタリックな曲。いきなりめっちゃ過激な感じになってウケますが、根底にはワルタリっぽい遊び心が見え隠れしております。
#9はグル―ヴィでインダストリアルチックなリフが印象的。曲を聴くとそうでもないですが、リフだけ聴くとロブ・ゾンビをちょっと思い出しました。
#10は今度は正統派メタルチックな雰囲気を醸し出してくる曲。リフがまさに正統派ど真ん中です。そしてサビはいかにもワルタリです。
一番最初にPVで発表された#14はシンプルでキャッチーな曲。普通といえば普通なのですが、キャッチーでやっぱ良いんだよなぁ。

ワルタリの作品は毎回いろんなタイプの楽曲が収録されていますが、聴けば絶対にワルタリだとわかるのも凄いと思います。カルツュ・ハタッカの声が特徴的だってのもあるのかもしれませんが、それを抜きにしても独自の音楽性を創り上げていて凄いです。

<オススメの曲>
1. 12
4. Only The Truth (→PV)
14. Diggin The Alien (→PV)

オススメ度…84点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1793-8fc53cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。