EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北方謙三の『史記 武帝記』を読了
北方謙三の『史記 武帝記』の全7巻を読了しました。

Shiki_1.jpg Shiki_2.jpg Shiki_3.jpg Shiki_4.jpg
Shiki_5.jpg Shiki_6.jpg Shiki_7.jpg

元々、北方謙三の歴史小説はめっちゃ好きだったので、ずっと読みたいと思っていたのですが、7巻というそれなりのボリュームがあったのでずっと後回しにしていました。

後回しにしていたのを後悔するくらいの面白さで、あっという間に読了。

漢の第7代皇帝である劉徹が在位中のお話で、史記を書いた司馬遷は当然のこと、衛青、霍去病、李陵、蘇武など聞いたことのある名将達が次々と出てきてとても読み応えがありました。

北方謙三の描く登場人物は、基本的に「男とはかくあるべし」って感じの潔くて渋い人間性で描かれているので、読んでいるとめっちゃ感情移入しやすくて良いです。

漢にとっては敵である匈奴の武将たちも、確固たる信念のもとに生きていてとてもカッコいい。

まさに男と男の信念の勝負という感じで清々しい気分になれます。

やっぱ北方謙三の歴史小説は大好きだわ。

早く「水滸伝」「楊令伝」の続きである「岳飛伝」も文庫化されて欲しいものです。


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1802-393c62c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。