EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SIGH 「GRAVEWARD」
SIGH 「GRAVEWARD」

SIGH Graveward

<収録曲>
1. Kaedit Nos Pestis
2. Graveward
3. The Tombfiller
4. The Forlorn
5. The Molesters of My Soul
6. Out of the Grave
7. The Trial by the Dead
8. The Casketburner
9. A Messenger from Tomorrow
10. Dwellers in a Dream


日本が誇るブラックメタルバンド、サイの10作目。2015年発表。
国産バンドの中でもいち早く世界に雄飛し、活動を広げていった超ベテランのブラックメタルバンドです。

前作発表後にギタリストの石川慎一が脱退し、代わりに大島雄一が加入。大島雄一KADENZZAという一人ブラックメタルプロジェクトでも活躍しており、そのKADENZZAも壮大でかなり良いブラックメタルをやっていてとても好きなプロジェクトなので、個人的にこの起用にはかなり期待感が高まりました。

アルバムごとにかなり雰囲気をがらっと変えてくるバンドで、ジャジーな雰囲気を醸し出していた6作目、やたらシンフォニックで交響曲的だった7作目、金管楽器の大胆導入で軍歌的な激しさのあった8作目、世界中のありとあらゆる音楽を詰め込んでアヴァンギャルドに展開した9作目など、ここ最近は毎回違う雰囲気ながらもかなりの快作を世に送り出し続けてきました。

さて、そんな彼らの10作目なのですが、個人的には「ここ最近の作風をさらにごちゃまぜにしながら、オカルティックに纏め上げてきた」という印象。Dr. Mikannibalのクリーンヴォイスが積極的に導入されているのですが、それがなかなか特徴的な感じでオカルティックな雰囲気を増幅させてくれているのでそう感じるのかもしれません。
全体的にミドルテンポな曲が多いので、ここ最近の作品に比べると地味な感は無きにしも非ずですが、じっくり聞くとなかなか魅力的な曲も多いです。

冒頭の#1はクールなリフとそれに絡むシンフォニックな装飾、そして要所要所で鳴らされる金管楽器がなんとも怪しげな雰囲気を醸し出す曲。サビのクリーンヴォーカルが胡散臭くて、そのくせとてもキャッチーな感じでめっちゃ好きです。
#3は7作目を彷彿と焦るような交響曲的なシンフォアレンジと、それに絡むピロピロ系ギターが良い感じの曲。ヒロイックなクサいメロディもたまらんし、そこにのっかるオカルティックなクリーンヴォイスも最高です。
#6はスッタンスッタンというドラムをバックに、アグレッシヴに突撃していく感じの疾走曲。荒々しい雰囲気と、シンフォニックな装飾との掛け合いがとても良い。民族楽器みたいな音色が絡んでくるのも良い。
#9はめっちゃスローテンポで聴かせていく曲。B級のホラー映画を見ているかのような印象化と思いきや、終盤に向かうにつれてどんどん崇高な感じになっていって、だんだんと映画の格が上がっていくかのような変化を伴ってドラマティックに展開していきます。
最後を締める#10はいかにもメタルな感じの曲で、Vo以外はパワーメタルっぽさすら漂う曲。薄いソプラノコーラスの絡み方も良い。

ってなわけで、相変わらずの高品質で安心するような作品でした。インパクトの面では過去作に劣る部分はありますし、初聴では「あれ、微妙かも」なんて思っちゃった部分もあるのですが、よく聴いたら普通に良かったです。

<オススメの曲>
1. Kaedit Nos Pestis
3. The Tombfiller

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1807-b6d32bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。