EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GHOST BATH 「MOONLOVER」
GHOST BATH 「MOONLOVER」

GHOST BATH MOONLOVER

<収録曲>
1. The Sleeping Fields
2. Golden Number
3. Happyhouse
4. Beneath the Shade Tree
5. The Silver Flower pt. 1
6. The Silver Flower pt. 2
7. Death and the Maiden


米国出身のブラックメタルバンド、ゴースト・バスの2作目。2015年発表。

鬼浴というバンド表記や、1stが中国のレーベルから発売されていたことから、中国のバンドだと思われていましたが、実は米国産のバンドということが発覚して話題になったりならなかったりしたみたいです。

前作までは比較的クオリティ高いデプレッシヴ系のブラックメタルをやっていたのですが、今作ではぐいっと方向転換し、轟音の中に悲哀の混じるポストブラック系の作風へ。
とりあえずジャケがめっちゃ好みなのですが、そんなジャケとばっちりマッチするような
アーティスティックなポストブラックをやっています。

アルバム全体を通してかなりの高品質で、個人的にはずっと悶絶しっぱなしではあるのですが、
そんな中で群を抜いて悶絶度の高いキラーチューンである#2がとにかく素晴らしい。
チリチリとしたインストから怒涛の轟音パートに突き進みつつも、
その裏に潜む悲哀がジワジワと漏れ出てきており、そこにのっかる悲哀にまみれた絶叫Voが
メランコリックさをさらに増長させます。
中間のヒロイックかつ哀しげななギターメロも胸に突き刺さるし、何から何までツボ過ぎる。
ひたすら聴きどころが満載で、10分弱があっという間に過ぎ去ります。
#3はタイトルに反してハッピーさが皆無の曲で、バーズムあたりを思い出させるような陰鬱な曲。
ジリジリとしたリフからにじみ出る暗ーいオーラがたまりません。
#4は音数の少ない物悲しい曲。メタル度は皆無の箸休め的なインストですが、
アルペジオの音色が心に響きます。
#5は鳥の囀りや木々のさざめきが良い感じのインストで、#6につながるイントロ的な感じ。
そして#6ヘヴィなリフと静寂パートの緩急がはっきりしているドラマティックな曲。
重厚なリフと、哀しげなジリジリ系ギターとの絡み合いが良い感じです。
最後を締める#7も、今までの曲と同じ方向性のポストブラックチューン。
重厚なリフの荒々しさの中に、やはり悲哀が潜みます。

ってなわけで、個人的にとてつもなくツボなポストブラックバンドに変貌しており、
思わずガッツポーズをせざるをえないような素晴らしい作品でした。
最近はアーティスティックなポストブラックメタルバンドが増えていますが、
その中でもトップクラスなのではないかと。

轟音と悲哀のコラボレーションが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
2. Golden Number

オススメ度…94点

FACEBOOK(→クリック)   BANDCAMP(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1812-1d5d8ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。