EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴉 「影なる道背に光あればこそ」
鴉 「影なる道背に光あればこそ」

鴉 影なる道背に光あればこそ

<収録曲>
1. 時の面影
2. Am
3. 茜空
4. 優しい歌
5. 爽鬱
6. 帰る場所


秋田出身の3人組ロックバンド、鴉の1stミニアルバム。2009年発表。

哀愁たっぷりのメロディラインと、激しさと切なさの同居する力強い演奏と、悲哀にまみれた歌唱の組み合わせがとても素敵で、「激情ロックバンド」という謳い文句がまさにぴったりな音楽性です。
特にVoの「抑えきれない感情が溢れ出て止められない!」みたいな悲痛ですらある歌声がとても良い。

秋田という寒い地方出身なのだからか知りませんが、どことなく陰鬱さが全体的に内包されており、湿った雰囲気を常に帯びているあたりもとてもツボです。そしてただ湿ってるだけじゃなくて、その中で一生懸命になっているかのような必至さも伝わってくるのもなお良い。

冒頭の#1は、後に出る1stアルバムにも収録されている曲。鴉らしさがギュッと詰まった一曲で、哀しげな曲調と、爆発力のある悲哀たっぷりのサビがとても素敵。
#2はいかにのロックな感じのリフなのに、Voがのった瞬間にぐっと哀愁たっぷりになるのが凄いなと思わされる曲。これぞ鴉マジック。
そして#3は曲名からしてこのバンドにぴったりな題材ですが、中身の方もそれに違わない素晴らしい哀愁キラーチューン。エモーショナルな雰囲気と、歌謡曲のようなクサいメロディとの組み合わせがとにかくたまりません。Voの激情っぷりもここぞとばかりに冴え渡っています。

ってなわけで、冒頭の3曲がとても秀逸な、デビュー作とは思えないような1作です。
曲数こそ少ないですが、せっかくの鴉の原点なので、後の作品が好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
3. 茜空

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1831-796efab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。