EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TO/DIE/FOR 「CULT」
TO/DIE/FOR 「CULT」

To Die For Cult

<収録曲>
1. In Black
2. Screaming Birds
3. Unknown III
4. Mere Dream
5. You
6. Straight Up
7. Let It Bleed
8. End Of Tears


フィンランド出身のゴシックメタルバンド、トゥ・ダイ・フォーの7作目。2015年発表。

前作は音作りが比較的モダンになってしまい、彼らの一番の持ち味である耽美的かつメランコリックなサウンドがかなり控えめだったのですが、今作ではかなりそれが持ち直しており、個人的な好みに合致するサウンドに回帰してくれました。哀愁たっぷりで、どことなく陰鬱で、メロディもしっかりしてて…という感じでとても良い。ジェイプ・ペラタロ<Vo>の官能的な歌声が楽曲によくマッチしていて、「このバンドはこういう雰囲気だからこそこの声がピッタリなんだよなぁ」と改めて思わされます。

冒頭の#1は、イントロがとてつもなくカッコいい感じ。やたらヒロイックなのですが、その中にもちょっと物憂げな雰囲気が内包されているのがめちゃくちゃツボでした。比較的アップテンポながらも、終始哀愁が漂いまくりで最高です。
#3はここにきてまさかのUnknownシリーズ。"The Unknown II"が個人的にトゥ・ダイ・フォーで一番の名曲だと思っているのですが、この曲もその雰囲気を踏襲していてなかなか良いです。サビのメロディが完全にUnknownシリーズだなぁって感じで、同じメロディを軸にした曲がこうやってシリーズ化されているのは面白くて良いなぁと思います。
#4は美しいピアノの音色をバックにし、ギターサウンドなども必要最小限に抑えられたしっとり系の曲。哀しいメロディがとても印象的です。2分ちょいしかないのが残念。
#6ポーラ・アブドゥルのカバー曲。もともとめっちゃ明るい曲なのに、なんでこんな陰鬱な仕上がりにできるんだろうと笑ってしまいます。
#8はアルバムの最後を締める暗い曲。沈み込むようなドロドロとした雰囲気で締めるってのが、このバンドらしくていいかもしれない。

ってなわけで、前作が個人的に「うーん」って感じだったので、今作はかなり持ち直してくれて本当に良かったなと思いました。耽美的なサウンドが好きな方にオススメ!

<オススメの曲>
1. In Black(→PV)
3. Unknown III

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1845-e2144658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。