EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TO/DIE/FOR 「EPILOGUE」
TO/DIE/FOR 「EPILOGUE」

To Die For Epilogue

<収録曲>
1.Crimson Twins
2.Vala Of Tears
3.Hollow Heart
4.Veiled
5.The Unknown
6.Frail Without You
7.In Solitude
8.Chains
9.Immortal Love
10.Victim Of Love
11.Garden Of Stones


フィンランド出身のゴシックメタルバンド、トゥ・ダイ・フォーの2作目。2001年発表。

最近の彼らも普通に好きですが、初期の彼らは今以上に陰鬱さと耽美的かつ退廃的な雰囲気がアルバム全体をがっつり覆い包んでいて、個人的にかなり好きです。ゴシカルな雰囲気でねっとり包み込んでくるくせに、メロディはとてもしっかりしていて、むしろかなりキャッチーってのもこのバンドの魅力的なところ。そして何よりもジェイプ・ペラタロののっぺりとした官能的な歌唱がサウンドにとても合っていて、耽美的な美しさをさらに増幅してくれています。

冒頭の#1はイントロの効果音がちょっと長いですが、そこからKeyとギターがメランコリックに絡み合い、ねっとりとした歌声が加わっていく展開がとても素晴らしい曲。キャッチーなメロディのくせに、その中にも何とも言えない陰りが残っているのがとてもこのバンドらしくて良い。
#3はちょっぴりアップテンポなイントロですが、歌い始めるとやっぱり何とも言えない陰りが差し込んできて、何とも言えない哀種が漂ってくるのがとても素敵。
個人的に一番好きなのは#5で、ヘヴィで陰鬱なリフと、哀愁漂いまくりの歌メロがほんと最高。この"The Unknown"はこれ以降のアルバムでシリーズ化されていき、個人的には3rd収録の"The Unknown II"が一番好きなのですが、元祖のこの曲も負けず劣らずの名曲です。
#9も隠れた名曲で、ヒロイックさすら感じさせるクサいメロディと、このバンドらしい陰りのあるメロディが上手い具合に融合されている曲。胸を締め付けるような哀愁ダダ漏れな感じがとても良い。

初期の彼らの作品は本当にどれも良いので、哀メロや耽美的な雰囲気、ゴシカルなサウンドが好きな方にはとてもオススメです。

<オススメの曲>
5.The Unknown
9.Immortal Love

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1846-3563fd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。