EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLAYER 「REPENTLESS」
SLAYER 「REPENTLESS」

Slayer Repentless

<収録曲>
1. Delusions Of Saviour
2. Repentless
3. Take Control
4. Vices
5. Cast The First Stone
6. When The Stillness Comes
7. Chasing Death
8. Implode
9. Piano Wire
10. Atrocity Vendor
11. You Against You
12. Pride In Prejudice


スラッシュメタル界の帝王、スレイヤーの11作目。2015年発表。
前作から6年ぶり、ジェフ・ハンネマン<G>の死去という大事件を経てからは初となる作品です。

ジェフの代役としてエクソダスゲイリー・ホルトが参加しており、ドラマーもデイヴ・ロンバートからポール・ボスタフにチェンジ。作曲面ではケリー・キング<G>が孤軍奮闘しているようで、ジェフが生前に残した#9以外は全てケリーの作曲となっております。

サウンドとしては良くも悪くも"安定のスレイヤー印"といった感じで、勢いのあるリフでゴリゴリと過激に押していくスタイルは完全にいつも通りのスレイヤー。
個人的にはスレイヤーは勢いだけで押し切るような速い曲が大好きなので、#2#3のような何も考えずに頭を振れるようなスラッシュチューンはやはりとても良いなと思いました。
速さよりもヘヴィさを押しだしたような曲も、スレイヤーらしい不穏な空気が良い具合に醸し出されていてなかなかの出来ですが、イマイチ頭に残らないというのが少し残念なところ。ただ、過激さの中にオーソドックスなへヴィメタルサウンドをしっかりと残していると感じられるところは、いかにもベテランらしい貫録でさすがだなと感じさせられます。

ってなわけで、「スレイヤーの復活だ!!」と大絶賛するほどでもなく、かといって決して満足しないわけでもないという作品でした。良く言えば安定した作品、悪く言うと無難な作品といった感じでしょうか。ここまでのベテランになると、もはやアルバムを出すという行動自体に価値があるという部分もあるので、そういった中でこれだけの安定性を出せるというのは個人的にはとても凄いと思います。

<オススメの曲>
2. Repentless
3. Take Control
10. Atrocity Vendor

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1848-c10ee8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。