EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖精帝國 「PAX VESANIA」
妖精帝國 「PAX VESANIA」

妖精帝國 PAX VESANIA

<収録曲>
1. 序
2. Astral Dogma
3. Solitude
4. 狂気沈殿
5. ココロサンクチュアリ
6. 月鏡反魂シネラリウム
7. Siege oder sterben
8. missing
9. The Creator
10. Herrscher
11. 空想メソロギヰ
12. 葬詩
13. 機械


音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させるために活動している音楽ユニット、妖精帝國の4作目。2013年発表。

元々はゴシカルなロック寄りのポップスという感じの音楽性でしたが、作を重ねるごとにメタル色が強くなっていき、この作品の前後あたりから完全にメタルといっても差し支えがないようなサウンドになってきました。シンフォニックな装飾やクワイアをたっぷり取り入れたシンフォニックメタルに、アニソンに通じるようなクサいメロディと、ゆい様の可憐な歌声がのっかるというのが基本的なスタイル。ヘヴィな音と、可愛らしい歌声とのギャップが普通のメタルとは違って新鮮で良いです。

#1は老婆の語りが収録されたイントロ。重々しく不穏な演奏の中でアニメのナレーションのような語りが流れているとなんか笑ってしまいます。
そのまま儀式のような妖しいイントロから一気に加速していく疾走系の#2へと突入。ゴリゴリのメタルサウンドと、クサクサなメロディ、キラキラしたKey、そして無駄に仰々しいクワイヤが上手くまとめ上げられたキラーチューンとなっています。
#3もヒロイックなメロディの疾走曲で、ここまでくるともはや完全にメロスピだなぁと思ってしまうような曲。サビで明るく爽快な感じに一気に広がりを見せるあたりがとても良い。
逆に#8はスラッシュメタルのようなザクザクとした重いリフが印象的な曲。歌メロ自体はやはりとてもクサい感じで、相変わらずとても好みです。
#11はドイツ語を多用したシンフォニックチューンで、本作二度目のハイライトといった感じ。ヒロイックなクサメロがやはり素敵です。ちょいちょい「あいつバイト無い!」とか「三倍馬券~!」とかの空耳が聞こえてくるのはご愛嬌。

ってことで、初期よりもずっとメタラー好みのサウンドに変容しているので、偏見さえなければゴリゴリのメタラーでも普通に楽しめる作品だと思います。個人的にはこれが妖精帝國の中で一番好きな作品かな。

<収録曲>
2. Astral Dogma(→PV)
11. 空想メソロギヰ

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1851-2d43f75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。