EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6:33 「DEADLY SCENES」
6:33 「DEADLY SCENES」

633 Deadly Scenes

<収録曲>
1. Hellalujah
2. Ego Fandango
3. The Walking Fed
4. I'm a Nerd
5. Modus Operandi
6. Black Widow
7. Last Bullet For a Gold Rattle
8. Lazy Boy
9. Deadly Scenes


フランス出身のアヴァンギャルドメタルバンド、6:33の1作目。2015年発表。

先の読めない展開と、ミュージカルのようなコミカルさ、そして何とも言えない胡散臭さが共存する、一言では言い合わらせないような音楽性のバンドです。複雑なのですが、プログレ的というよりはやはり"アヴァンギャルド"という言葉の方がしっくりくるというサウンドで、かなり特殊な雰囲気が漂っていてとても良い。
同郷のディアブロ・スウィング・オーケストラからジャズ要素を抜いたらこんな感じになるんじゃないかなぁという雰囲気かも。

綺麗な合従からスタートする冒頭の#1は、最初こそA.C.T.あたりを彷彿とさせるようなポップなプログレ風味を醸し出してきますが、どんどん胡散臭さが増していき、妖しさと楽しさの入り混じる不思議なミュージカルが開演していくような展開に。色んな要素が詰め込まれている割に、ポップで聴きやすいです。
#4は胡散臭さと妖しさがさらに全開の曲。ヘヴィなリフが響いたかと思いきや、気が付いたら遊園地のような楽しげな音楽へと変貌しており、その変化をなんとも自然にこなしてくるあたりがとても凄い。
#6はPVにもなったキラーチューン。ダークな雰囲気ながらも、弾むようなリズムが素敵で、めっちゃノリが良いです。ちょっぴりジャズっぽい雰囲気で、かなりディアブロ・スウィング・オーケストラっぽいかも。

ディアブロ・スウィング・オーケストラを初めて聴いたときはかなりの衝撃でしたが、このバンドもなかなかの衝撃度でした。フランスってたまーにこういうバンドが現れてくるから侮れないんだよな。どう考えても分類はメタルですが、メタル度はちょっぴり低めで、人によっては物足りなかったりもするのかも。でも個人的にはそこがまた魅力的なんだと思います。

<オススメの曲>
6. Black Widow (→PV)

オススメ度…92点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1853-47bbd995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。