EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[IMPELLITTERI]
IMPELLITTERI「PEDAL TO THE METAL」



光速ギタリスト、クリス・インペリテリ率いるインペリテリの八作目。2004年発表。カーティス・スケルトンを新Voに据えての第一作目です。ちょっとモダンな雰囲気になりつつも、インペリテリらしさは残っている感じ。世間的には「テクは凄いけど曲はイマイチ」「全部似たり寄ったりの曲」「Voはやっぱりロブとかグラハムの方が一枚上手」などと評されているようです。そこまで悪い作品でもないんだけどね…。

1.the Writing's on the Wallは良いんだけど、サビのメロディがRHAPSODYの「Rain Of A Thousand Flames」にそっくり。というか同じ。それさえ気にしなければとてもカッコいいです。ギターも相変わらずテクニカルだしね。
2.Crushing Dazeもカッコいいんだけど、イントロ部がSLIPKNOTの「(Sic)」に似すぎ。というかこれも同じ。一体どうしたんだ!?
個人的にこのアルバムで一番好きなのは6.Judgement Day。ちょっとヘヴィでグルーヴ感溢れるリフがいい感じです。ちょこっと使われてるKeyの音色も好き。
他にはちょっと新しい試みでラップを取り入れている8.Punkとかが好きかな。

このアルバム、個人的には大好きでもないけど嫌いでもないという微妙な位置づけ。パクリ云々にうるさい人は1,2あたりでもうダメかもしれませんが、そうでなければ聞いてみる価値はあるかもしれません。

オススメ度…80点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/199-a78f8d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。