EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[IN FLAMES]
IN FLAMES「COME CLARITY」



メロデス界の超大御所、イン・フレイムスの8作目。かなりモダンな方向に進んできていた彼らですが、今回でもやはりその方向性です。ただ、随所にしっかりとメロディも練りこんであるので、前作や前々作が気に入らなかった人にも是非聞いて頂きたい。ってかジャケットもカッコいいなぁ。

アルバムの冒頭を飾る1.Take This Lifeは非常にアグレッシヴな曲。「猪突猛進」という言葉が合う気がする。しかも、その暴虐さの中にも、至る所にメロディアスなフレーズが織り込まれており、メロデスというジャンルを見事に体現していると思います。個人的には2:14~のメロディがお気に入り。アンダースのVoも悲壮な感じがして良い。
4.Dead Endはアグレッシヴなイントロの後、いきなり女性Voが入るのに驚かされます。が、それがこの曲にぴったりマッチしていて素晴らしい。女性Voとデスヴォイスの対比がいい感じです。サビのあたりのメロディアスさも良い。ギターソロも叙情的メロディ満載。
タイトル曲6.Come Clarityはおとなしいバラード(バラードと言っていいのかは知らんけど)。イントロが美しく、悲哀さが満ちています。そこにアンダースのデスヴォイスではないクリーンなVo。このなんとも言えぬ哀しげな雰囲気を含んだ声が良い。バラードなのにカッコいいという凄い曲。
9.Crawl Through Knivesから4曲がホントヤバイ。この曲はもうメロデスのお手本って感じ。叙情的でメロディアスなフレーズが満載。特にサビのコーラスはヤバイ。泣けます。
10.Versus Terminusもヘヴィでメロディアスなリフがたまらない。しかも疾走感も抜群。やっぱりこれもサビがヤバイ。素晴らしすぎてもうそれしか言えない(笑)
11.Our Infinite Struggleこれも最強の曲。超アグレッシヴかつメロディアス。喉から振り絞って出すような叫びが良い。途中で一度おとなしくなる所も、曲の構成的にいい感じ。
12.Vanishing Lightこのアルバムで一番好きな曲。イントロのメロディ、そしてリズミカルにザクザクと刻まれるヘヴィなギターリフがホント最高。これまで素晴らしい曲が続いて来たが、最後の最後にもっと素晴らしい曲が来た。グサッと止めを刺された感じです(笑)

とにかくこのアルバムはホント素晴らしい。メロデス界に燦然と輝く究極の傑作です。これでもか!!ってくらい名曲が詰まってます。メロデス好きな方は是非どうぞ。
初回限定版のDVDも非常にカッコいいので、そちらを入手することをオススメします。

オススメ度…92点

カこのCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/202-c75b6433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。