EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[KORPIKLAANI]
KORPIKLAANI「VOICE OF WILDERNESS」



コルピクラーニはフィンランド出身のヴァイキングメタルバンド。フォーク等の要素を取り入れたサウンドは、とても親しみやすく、聴いているだけで楽しい気分になれます。ヴァイキングメタルバンドは大抵デス声ですが、このバンドのデス声はかなり聴きやすい方なので、デス声が苦手な人も普通に聞けると思います。ヴァイオリンが中心的に使われているのがかなり良い。このアルバムは2005年発表の二作目。

とりあえず7.Hunting Songが最強の曲。ヘヴィなアコーディオンによるイントロの後いきなり疾走。そして「あやーややーやー」という謎の掛け声。この時点でもうたまりません。かなり楽しくて中毒性の高い曲です。
2.Journey Manも疾走しまくりの曲。ヴァイオリンが中心となっているイントロが素晴らしい。これもやっぱり楽しい曲です。最後の方に出てくる笛の音色はトドメの一撃です(笑)
9.Beer Beerもお祭り騒ぎな感じの曲。サビの「ビーアビーア!!」は思わず一緒に叫びたくなる歌です。
他の曲も全部楽しくてホントに素晴らしい曲ばかりです。あえて曲名を挙げるなら、1.Cottages & Saunasとか8.Ryyppäjäisetあたりがオススメかな。インストの4.Pine Woodsも美しい曲です。

彼らの音楽はかなり面白いですが、それと同時にかなり素晴らしいです。皆さんも是非聞いてみて下さい。

オススメ度…88点

PVなど
・Hunting SongのPV(→クリック)
・Beer BeerのPV(→クリック)
・Journey Manの音源(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/226-bc12ce9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。