FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ANDREW W.K. ]
ANDREW W.K.
「CLOSE CALLS WITH BRICK WALLS」




アンドリューW.K.<Vo/Key>は、ファーストアルバムにおいて、キーボードを多用した独自のパーティーロックを確立し、その人柄から"兄貴"と呼ばれ親しまれているアーティスト。勢いのある、熱くて楽しいサウンドが身の上です。「ANDREW W.K.」となっているにもかかわらず、一応バンド名義ということですが、やっぱり目立っているのは本人。1stの頃にいた、楽しいおじさんジミー・クー<G>は残念ながらかなり昔に脱退しています。

結論を先に言うとこのアルバムはぶっちゃけ"微妙"。
1.I Came For You2.Close Calls With Bal Harbourとイントロ的なものが続き、3.Not Going To Bedの楽しそうな曲調に「おっ!」となるものの、何だかパンチ力がイマイチ足りません。PVを見ると本人はかなり楽しそうなんですけどね。
その後もまぁまぁ程度の曲が続き、そのまま終了。なんだか「あ~あ」な内容です。
4.You Will Remember Tonight10.I Want To See You Go Wild13.Into The Cleaなど、好きになれそうな曲もあるのですが、やっぱりファーストの頃のハジけ具合には遠く及びません。

ということで、アンドリューW.K.を聴いたことの無い人はまず1stから聴きましょう。雰囲気的にはセカンドアルバムに似ているので、セカンドが気に入っている人にはこのアルバムもいけるかもしれません。僕はセカンドも正直微妙だったので…。兄貴には是非とも昔のハジけっぷりを取り戻して欲しいものです。

オススメ度…69点

PV
Not Going To Bed

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/23-24b174ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。