FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LACRIMOSA]
LACRIMOSA「ECHOS」



スイス出身のシンフォニック/クラシカル・ゴシックメタルバンド、ラクリモーサの8作目。2003年発表。とことん「美」に拘ったメロディと、ひたすら壮大で荘厳な世界観が特徴です。オーケストラとの共演にさらに磨きがかかり、逆にギターなどの出番が減っているためメタル度はかなり希薄となっていますが、そんな事は一切関係無しの素晴らしいサウンド。ゴシカルな雰囲気やシンフォニックなサウンドが好きな人ならば普通に楽しめるでしょう。ちなみにVoは男女混声で、男の方のはちょっとクセあり。そして歌詞は全てドイツ語。

1.Kyrieはいきなり12分にも渡る大作。ギター・ベース・ドラムは一切使われておらず、壮大なシンフォニーとコーラスのみで構成されているので、もはや完璧にクラシック状態です。メロディや構成が神がかって素晴らしく、聴けば聴くほど引き込まれてしまいます。
2.Durch Nacht und Flutもシンフォニックさ全開の曲。オーケストラによって奏でられる切ないメロディとティロ<Vo/♂>のちょっとクセのあるVoが見事にマッチしています。後半の部分メロディが特にヤバイな。
個人的に一番好きなのは7.Malina。弦楽器の音色と電子音的なKeyの音色が絶妙に絡み合う、かなりノリの良い曲です。サビを含めて全てのメロディがとにかく印象的で、一度聴いただけで病み付きに。中毒性高過ぎです。
他にも収録曲全てが最高で、中でも幻想的な雰囲気が漂う4.Apartとか、ピアノの音色がヤバイ6.Eine Nacht in Ewigkeit、アルバムを締めくくる大作8.Die Schreie sind verstummtあたりが特に好きかな。

この作品、なんかもうメタル云々を超越した次元にいってしまっています。とりあえずシンフォ・ゴシックが好きな人、クラシック的なサウンドが好きな人は必聴かな。メタル度が薄くても全然オッケーな人は是非とも聴いてみてもらいたいです。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/231-1f34d136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。