EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LACRIMOSA]
LACRIMOSA「ELODIA」



ティロ・ヴォルフ<Vo,Piano>アンヌ・ヌルミ<Vo/♀>の2人によるスイスのシンフォニック・ゴシックメタルユニット、ラクリモーサの六作目。1999年発表。プログレ的要素も感じさせるオペラチックな曲展開と、ダークで哀しげで荘厳な雰囲気が最大の魅力で、「メタル版宝塚」と表現されることもしばしば。このアルバムの売りの一つは、ロンドン・シンフォニック・オーケストラとの共演で、クラシック要素も満載の作品になっています。ちなみに歌詞は全編ドイツ語!! たまらねぇ!!

1.Am Ende Der Stilleはいきなり8分もある曲。Voパートが少くほぼインスト的な感じなのですが、美しく神秘的な雰囲気が堪らないです。邦題は「沈黙の終わりに」。
2.Alleine Zu Zweitは曲の盛り上がり方がかなりいい感じの曲。男性Voと女性Voの絡み方もとても良いです。「Tanz…、Mein Leben Tanz…」って辺りのフレーズがとても印象的で、一度聞いたら頭から離れなくなります。ドイツ語ならではの歌詞の乗せ方が良いんだよねぇ。ちなみに邦題は「共にあり、なお一人」。なんかクサいな…。
5.Ich Verlasse Heut Dein Herzはドラマチック具合が半端じゃない曲。前半はベースとピアノのみをバックに妖しく歌い上げるパート、後半は一気に盛り上がるインストパートという構成が最高に素晴らしいです。邦題は「君の心に別れを」。
他にオススメなのはあえて挙げると3.Halt Michとか、6.Dich Zu Töten Fiel Mir Schwerとか。14分にも渡る大曲の7.Sanctusもかなり良いです。

このアルバムはクラシカルな作品とか、シンフォニックなゴシックが好きな人にオススメ。まぁシンフォニックといってもナイトウィッシュとかとはちょっとタイプが違いますけどね。「メタル版宝塚」と聴いて興味が湧いた人は是非(笑)

オススメ度…89点

PVとか
Alleine Zu Zweit
Ich Verlasse Heut Dein Herz(曲のみ)

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/232-5a452111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。