EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LAST AUTUMN'S DREAM]
LAST AUTUMN'S DREAM
「SATURN SKYLINE」




ラスト・オータムズ・ドリームは、元フェア・ウォーニングアンディ・マレツェク<G> と、哀メロ職人として名高いミカエル・アーランドソン<Vo>により結成されたプロジェクト。このアルバムは彼らの四作目で、つい一昨日発売された物です。ミカエルの哀メロ職人っぷりはここに来て更に磨きがかかっていますし、彼自身のちょっとかすれた甘い歌声も健在。アンディにとっては母親が危篤状態という辛い精神状態の中でのアルバム作成だったのですが、そんな事は微塵も感じさせない、エモーショナルで素晴らしいプレイを聞かせてくれています。

冒頭曲1.For The Young And The Wildのちょっぴりヘヴィなイントロには一瞬びっくりしてしまいましたが、聞き進めていくとやっぱり彼らは最高だと思わせてくれるような悶絶哀愁チューンでした。サビ部分が非常に素晴らしく、この時点でもうガッツポーズ。聞けば聞くほど良くなってくる曲です。
そして3.Pagesは憂いを含みながら軽く疾走するキラーチューン。ミカエルのソロ曲「It's Alright」に通じる雰囲気を持った曲で、哀愁たっぷりのサビメロがヤバイです。サビメロがちょっと短いんじゃないかと思ってしまうくらい、何度も何度も聞きたくなる曲。
6.Criticalミカエルの甘い歌声がたっぷり堪能できる曲。メロディラインと絶妙にマッチしています。
アルバムの締めとなる11.Still On The Run12.Skyscraperもヤバイ。この歌声でバラードってのはホント反則的です。ちなみに12の方は日本のBEAGLE HATというバンドが提供した曲(3rdではこのバンドの「Echoes From The Past」をカヴァー)。

ということでこのアルバムは凄いです。上記以外の曲も全て素晴らしく、どれを聞いても感動できる作品。哀メロ好きは終始悶絶しっぱなしでしょう。

オススメ度…93点

このバンド、OFFICIALもMYSPACEも何もないんですね。
ということで一応レーベルのページ

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/237-d8ae5e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。