FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LED ZEPPELIN]
LED ZEPPELIN「IV」



レッド・ツェッペリンは元ヤードバーズジミー・ペイジ<G>を中心とした英国のバンド。ロック界、そしてHR/HM界にも多大な影響を与えたバンドです。類稀な個性と卓越した演奏技術を武器に、様々なジャンルの壁を取り払い、ロック界に革新をもたらしました。
このアルバムは彼らの四作目で1971年発表。ジャケットにはバンド名もタイトルも書かれていなかったので、当時のファンは非常に困惑したとかしないとか。今では『フォー・シンボルズ』『ルーン・アルバム』等と呼ばれているそうです。

このアルバムで一番素晴らしいのは、やはりバラード曲の4.Stairway To Heaven。ハードロックという括りを超越した、名曲中の名曲です。前半のアルペジオによるの哀しげなメロディもたまりませんし、後半のドラマティックな盛り上がり方も最高。ギターソロもヤバイ!!8分にも渡る長めの曲ですが、長さを全く感じさせません。邦題は「天国への階段」。
1.Black Dogは彼らの代表曲。独特なギターリフがカッコいいです。始めは何か変な曲だなーとか思っても、だんだんと良さがわかって来るような曲。
2.Rock & Rollは曲名通りな曲。とってもノリノリなロックンロールです。この何の飾り気もないシンプルさが良いですね。
他にも3.The Battle Of Evermoreとか、6.Four Sticksなど、名曲が目白押しの素晴らしいアルバムです。

ということでこのアルバムはロックファンなら必聴!! とりあえず「Stairway To Heaven」だけでも聞いてみましょう。「俺、古臭いの嫌いなんだよなー」とか言わずに、真のロックファンならばしっかり抑えておくべきです。

オススメ度…85点

このCDをAmazonで購入

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/239-eb62a77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。