EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LINKIN PARK]
LINKIN PARK「MINUTES TO MIDNIGHT」



ミクスチャー系ヘヴィロックバンドとして日本でも名を馳せていた、リンキンパークの三作目。2007年発表。大幅な路線変更の末、今までのヘヴィなサウンドは成りを潜め、ラップの要素も大幅に減退。「時々ヘヴィさが垣間見れる哀愁系ロック」という感じのサウンドになってしまいました。これにはファンの間でも賛否両論のようで、「彼らにこんなサウンドは求めていない」「4年も待たせてこれかよ」と言う意見や、「いや、それでも根底にはリンキンパークらしさが残ってるじゃないか」「大人になった」「これはこれで最高」という様々な意見が交わされているようです。個人的にはやや反対派寄りかな。

2.Given Upはアップテンポでノリノリなロック。ギターもヘヴィにザクザクしていてかなり良い感じです。歌メロもなかなか秀逸だし、シャウトもバッチリ決まってます。
4.Bleed It Outは前作路線を踏襲したタイプの曲。ヘヴィさはそれ程無いものの、ノリノリの曲調と、ラップVoがかなり良い感じです。
他には哀メロが綺麗な3.Leave Out All The Rest、なんか普通のラップっぽい7.Hands Held Highあたりが印象に残ったかな。他の曲は全体的に哀愁漂うロックで、「うーん、そこまで悪くもないんだけど…、ねぇ?」って感じ。
で、日本盤は本編が終わった後にボートラとして13.Faint(LIVE)を収録。そしてどうしても「ああー、やっぱこっちの方がカッコいいじゃん」ということになってしまうわけです。

音楽性を変えるのはバンドの自由ですし、ロックとして悪い作品でもないのですが、個人的にはあまり好きになれませんでした。「悪くないんだけどなぁ」と思って聴いていても、気がつくと過去作の方をリピートで聞いている自分がいるわけで…。どうせなら2とか4みたいに過去作の香りがする物は切り捨てて、蛇足だった13もはずしてしまったらもう少し違った見方が出来たかも。踏ん切りがつくというか何と言うか。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/241-46d8faf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。