FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[LOUDNESS]
LOUDNESS「DISILLUSION(English Version)」



ラウドネスは現在も活動を続けている日本のベテランバンド。80年代中盤には世界進出も果たし、アメリカのアルバムチャートでTop100入りしました。またさらに、日本人アーティストとして初めて、「マディソン・スクエア・ガーデン」のステージに立つという快挙も成し遂げたそうです。その後はメンバーチェンジを繰り返し、オリジナルメンバーは高崎 晃<G>のみになってしまいましたが、現在は再び再結成。2006年には北米ツアーを行うなど、精力的に活動を続けています。このアルバムはロンドンでレコーディングされた4作目の英語バージョンで、1984年の作品。彼らはこのアルバムから世界に進出し始めました。僕は残念ながら日本語バージョンは未聴ですが、「日本語歌詞は微妙。英語版サイコー」って人と、「英語はなんか合わないよ。日本語最高。」という人がいるようです。

このアルバムの中でとにかく素晴らしいのは2.Crazy Doctor。海外でもスマッシュヒットを記録した、彼らの代表作です。ギターリフがかなりかっこよく、ソロのメロディも非常に素敵。一回聴いただけでかなり印象に残る曲です。
2.Esperも疾走感抜群の名曲。かなり勢いのある曲です。これもリフがカッコ良過ぎで、ソロもヤバイ。タッピングが素晴らしいです。他のパートの演奏も素晴らしいの一言に尽きますね。
7.Dream Fantasyもこれまた最高の曲。かなり勢いのある曲で、Voのメロディが凄く好きです。
アルバムの最後を締めるのは、哀しげなバラードの10.Ares` Lament。哀愁漂うメロディと、ニ井原 実の哀しげな歌唱が素晴らしい曲です。泣きまくりのギターも良い。
他にはインスト曲の6.Exploderも凄いし、8.Milky Wayとかもオススメかな。

ということでこのアルバムはかなり素晴らしいです。普通日本人が英語で歌を歌うと結構違和感だらけになってしまいますが、ラウドネスは結構自然な感じなので、普通の洋楽HR/HMバンドと同じような感覚で聴けると思います。まさしく世界に通用するサウンドなので、是非皆さん一度聴いてみてください。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/247-8009044b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。