FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PRAYING MANTIS]
PRAYING MANTIS
「CRY FOR THE NEW WORLD」




プレイングマンティスはNWOBHMのバンドとして有名。ティノ<G>とクリス<B>のトロイ兄弟を中心に結成され、哀愁漂う泣きのギターが特徴です。このアルバムは三作目で1993年発表。このアルバムでヴォーカルをしているコリン・ピールの、今にも泣きそうな感じの歌声が、楽曲に非常に合っています。

アルバム全部が名曲ですが、10.Journeymanが特に素晴らしい。イントロの後のギターサウンドがホント素晴らしいです。まさに泣きのギターって感じ。そしてさらにサビも哀愁漂いまくり。コリンのVoがかなりマッチしています。適度な疾走感もあり、それもまた心地良い。
2.A Cry For The New Worldもかなり良い。やっぱこれもサビだな。なんか心にグッとくる曲です。
そして6.Dangerousもかなりのお気に入り。これも適度に疾走している曲で、やはりサビの哀愁も強烈。ギターソロも泣きまくり。イントロも「?」な演出も個人的には好き。
あとアルバム冒頭の1.Rise Up Againもなかなかのキラーチューンです。
他には4.Letting Goのイントロのギターも悶絶モノですし、バラードの9.Dream Onも感動の一曲です。

とにかく全てが素晴らしいこのアルバム、是非みなさん聞いてみて下さい。泣きのギターや哀愁漂うメロディが大好きな方は必聴!!

オススメ度…91点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/312-f4461fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。