EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[RAMMSTEIN]
RAMMSTEIN「REISE, REISE」



ドイツのインダストリアル・ヘヴィロックバンド、ラムシュタインの四作目。2005年発表。思いっきりインダストリアルなサウンドが特徴でしたが、今作では少しそれにゴシック風味が加わり、音も若干ヘヴィさが増しています。ティル・リンデマンの男らしい低音ドイツ語Voは相変わらずで、独特の怪しい世界観は健在。即効性のある曲よりも、遅効性で中毒性のある曲の方が多いです。

1.Reise, Reiseはサビのコーラスが印象的な曲。ヘヴィでダークなのにキャッチーです。「ライゼライゼ~」と思わず口ずさんでしまう感じ。途中の「アー・ホ・イ~」の部分が物凄く耳に残ります。やっぱドイツ語カッコいいなぁ。
2.Mein Teilはインダストリアルっぽさの強い曲。ティルの力強い歌唱とドイツ語が見事にマッチしてます。デジタルっぽさを感じさせるギターサウンドも最高。ドイツで実際に起きた「インターネットで殺されて食べられたい人を募集し、実際にそうしてしまった」という事件にインスパイアされて作ったのだそうです。しかも後々その食べた人に訴えられてたし。
6.Amerikaは相当インパクトの強い曲。「We are live in Amerika~♪」のフレーズは一回聴いただけで一週間くらい頭から離れなくなります。メロディだけじゃなく、ミドルテンポでヘヴィに突き進むサウンド自体も非常にカッコいいです。
7.Moskauはかなりノリノリなタイプの曲で、女性Voが絶妙な感じで入ってきます。女性Voはロシア語なので、「ドイツ語とロシア語の夢の共演」って感じ(笑)
11.Amourはバラードなのですが、なんせVoが異常に低音なもんだから、とても不気味で怪しい雰囲気が漂っています。まぁそこが非常に魅力的なんだけれども。
他には4.Keine Lustとか8.Morgensternがオススメかな。

ラムシュタインは作品ごとにちょっとずつサウンドが変化してきていますが、本質的な部分は何も変わっていないので、この作品もファンならば普通に楽しめるでしょう。

オススメ度…86点

PV
America

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/329-d7f09900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。