FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SCORPIONS]
SCORPIONS「IN TRANCE」



スコーピオンズはドイツのベテランハードロックバンド。ジャーマンメタルの始祖というとハロウィンと言うことになるのでしょうが、ドイツのHR/HMというものを世界に認知させたのはこのバンドです。このアルバムは彼らの三作目で1975年発表。初期の彼らはとにかく"泣き"のメロディが満載。ワールドワイドな人気を得たのは八作目の「Blackout」以降ですが、初期の彼らには日本人のツボを刺激する独特のメロディが満載です。

個人的には3.Life's Like A Riverが奇跡の名曲。ウリ・ロート<G>の奏でる泣きのギターの旋律がこの上なく素晴らしいです。イントロなんか思いっきり演歌みたいな感じだし。邦題の「人生は川の如し」というのがまさにぴったりな曲です。クラウス・マイネ<Vo>の哀愁漂いまくりな歌唱も最高!!
アルバム冒頭の1.Dark Ladyもかなり良い曲。うねりまくった独特のギターサウンドがたまりません。泣きかせまくりのギターソロとかホントやばいです。
2.In Tranceは哀愁漂いまくりの陰鬱な曲。これまたギターの音色がほんと…。う~ん、たまらんぜ。
このアルバムは他の曲も全部好きだけど、敢えて名前を挙げると5.Living And Dyingとか6.Robot Manとかかな。どの曲もとにかくギターの泣きが半端無い!! この一言に尽きます。

スコーピオンズのアルバムは基本的に名盤ですが、僕が特に好きなのはやはり初期の独特で陰鬱な雰囲気。その中でもこのアルバムが一番好きです。こういう古い作品を、現代の人は「古臭い」と言って避けがちですが、それは非常にもったいないことです。音質の古さを補って余りある名曲群なので、是非一度聴いてみてください。

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

ちなみにこのジャケット、海外では発禁になった国もあるそうで…。スコーピオンズのジャケは発禁になりすぎだろ。

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/345-3fa987c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。