FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SIGH]
SIGH「HANGMAN'S HYMN」



世界的に活躍する日本出身のシンフォニック・ブラックメタルバンド、サイの7作目。2007年発表。ふんだんに取り入れられた壮大なオーケストレーションがとにかく凄いです。シンフォニックさだけならBAL-SAGOTHと比べたくなる感じ。ただ、曲の方は別にファンタジックだったりはせず、疾走感抜群のスラッシュ寄り爆走ブラックメタルです。Voは「なんか日本人がデス声出すとこうなるよね」ってタイプ。ブラステをほんの少しだけ凶暴にした感じです。アルバム構成は1~3でAct1、4~7でAct2、8~10でAct3で、残りはボートラ。

1.Introitus/Kyrieは出だしから爆走しまくり。イントロ無しでいきなりシャウトです。シンフォニックな装飾がクラシックの激しいパートみたいな感じで最高。
2.Inked In Bloodもシンフォニックさがヤバイ。そして怪しいヘンテコヴォイスのコーラスがたまらなくツボです。超印象に残る感じ。一度聴いたら頭から離れません。
3.Me-Devilはイントロのオーケストラ・サウンドがかなり勇壮。聴いてると拳を振り上げたくなります。そしてそのパートにそのまま歌詞をのせたコーラスも最高で、これもやっぱり頭から離れません。1~3を総合してAct1が一番好きだな。ヤバ過ぎ。
Act2の始まりである4.Dies Irae/The Master Maliceは「Dies Irae」の借用から一気にブラックサウンドに雪崩れ込む曲。これもやっぱり壮大過ぎです。
6.Death With Dishonorはこれまたメロが勇壮。邪悪な雰囲気と明るいメロデス風味のメロの融合が最高です。あまりにもカッコ良過ぎて自然とヘドバンしたくなるわ。
Act3に入るとさらに壮大さが増して来ており、そして同時に凶暴さも増しています。特に10.Finale: Hangman's Hymn/In Paradisum/Das Endeは展開がかなり素晴らしく、アルバムの最後を飾るに相応しい曲です。

僕の稚拙な文章だとこの作品の魅力が半分も伝えきれないのですが、これはとにかく凄い!! 「こういうバンドが日本にもいたのかぁ」と、心の底から感心してしまいました。シンフォ系ブラックが好きな人は是非どうぞ。ひょっとしたらデス声OKなシンフォニックメタル好きにもアピールするかもしれません。

オススメ度…94点

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/352-1b54cc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。