FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[APOCALYPTICA]
APOCALYPTICA
「PLAYS METALLICA BY FOUR CELLOS」




アポカリプティカはフィンランド出身のチェロ奏者四人組。そしてこのアルバムは彼らのデビュー作なのですが、なんとメタリカの代表曲をチェロで演奏しているのです。ギターリフや、ヴォーカル、そしてドラムに至るまで全てチェロで表現。あんな荒々しい曲を、チェロのみでしっかり再現してしまうのは驚きです。以外に結構ヘヴィで、やはり時折クラシック的な雰囲気に。演奏は相当上手いです。
元々は音楽学校での演奏会で「メタリカやったらウケるんじゃね?」ってやったのが始まりだそうで、その後にCDとして発売しないか?とオファーが来たそうです。1996年発表。

収録曲は以下の通り
1.Enter Sandman
2.Master Of Puppets
3.Harvester Of Sorrow
4.The Unforgiven
5.Sad But True
6.Creeping Death
7.Wherever I May Roam
8.Welcome Home (Sanitarium)

原曲が全部かっこいいので、ぶっちゃけ全部いい感じなのですが、4.The Unforgivenが特にカッコいいです。あのちょっと哀しげな音色をチェロで美しく奏でられると、もうたまりません。かなりクラシック的な雰囲気になっていますが、かなり良いです。
2.Master Of Puppetsは思いっきりスラッシュメタルな曲ですが、これもしっかり再現しています。チェロでザクザクと刻まれるリフは、なんとも言えない不思議な感じ。エレキとは一風変わった深みのある音色になっています。チェロをこんな荒々しく弾く人達なんて、彼らの他にはいないでしょう。
1.Enter Sandmanもかなりヘヴィなリフの曲ですが、コレも上手く弾きこなしています。うーん、渋い!!
他には5.Sad But True7.Wherever I May Roamがいいかな。

このアルバムをヘヴィメタルとして認識していいのかはわかりませんが(金属音じゃねぇしなぁ)、僕はかなり好き。チェロの音色が低音で深みのある音なので、サウンド自体は結構ヘヴィです。まぁ気になった人は是非とも聞いてみて下さい。メタリカの素晴らしい楽曲を、違った側面から見ることが出来るかもしれません。

オススメ度…83点

PV
The Unforgiven

ちなみに彼ら、コレ以降のアルバムではオリジナル曲もやっており、そちらもかなり良いです。

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/36-a55f3695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。