FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SPACE ODYSSEY]
SPACE ODYSSEY「EMBRACE THE GALAXY」



スペースオデッセイは、タイム・レクイエムなどで知られる、鍵盤魔人ことリチャード・アンダーソン<Key>によるプロジェクト。正式名称は「Richard Andersson's SPACE ODYSSEY」だそうです。もろイングヴェイ・マルムスティーンなネオクラで、「似てると言うか同じじゃね?」というフレーズも散見しますが、演奏自体はとてもハイレベルだし、ディオ風の歌唱を響かせるパトリック・ヨハンソン<Vo>もかなりのものなので、パクリ云々を気にしない人は普通に楽しめるでしょう。このアルバムは彼らの一作目で2003年発表。

1.Despair And Painから思いっきりイングヴェイしていますが、サビのメロディがかなり良いです。しかもVoが上手いので、その良さがさらに引き立っています。途中の弾きまくり名ギター&キーボードも最高。
6.Grand Openingはメロパワ風のキャッチーなサビを持った曲。凄く親しみやすいです。その他のパートは思いっきりネオクラシカルで、それもかなりカッコ良い。このアルバムでは一番これが好きかな。
もう一つオススメなのは8.Seduction Of Life。サビに漂う哀愁が最高です。その他の部分も非常にテクニカルで秀逸です。
他には2.Embrace The Galaxy4.Entering The Domeもカッコいいかな。
あと、ボーナストラックの10.The Pagamo Thrillはクラシックのカヴァーで、パガニーニモーツァルトの曲を混ぜたもの(パガニーニの方は知らないけど、モーツァルトの方は『トルコ行進曲』)ですが、最高にカッコいいです。

このアルバムはネオクラが好きな人にオススメですが、上にも書いたように、パクリ云々にうるさい人は色々と気になるフレーズがあるかもしれません。ただ、こういう高品質なネオクラを、ここまで素晴らしいテクニックで演奏しているバンドはなかなかいないので、興味がある人は是非聴いてみてください。

オススメ度…85点

音源(飛んだ先のMP3 SAMPLE。右クリックで保存も可)
Despair And Pain

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/368-848b6bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。