EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SWALLOW THE SUN]
SWALLOW THE SUN「HOPE」



フィンランド出身の絶望系メロディック・ドゥーム/ゴシックメタルバンド、スワロー・ザ・サンの3作目。2007年発表。重く暗いサウンドと、そこに絡む美しいメロディ特徴です。絶望というよりは深い悲しみのようなものが作品全体に満ちており、要所要所で登場する優しいメロディとの調和っぷりが絶妙。聴いていると深く深く沈みこんでいくような感覚を味わうことができます。Voは低音ド迫力デスヴォイスと綺麗なクリーンヴォイスを一人で器用に使い分けており、それぞれ楽曲とぴったりマッチ。悲しさをさらに増大させています。

とりあえず冒頭の1.Swallow The Sunから超強烈。ヘヴィさ、ダークさ共にいきなり全開です。「重々しいギターリフ→メランコリックで優しげなメロディ&儚いクリーンヴォイス→絶望っぷりをそのまま表現したかのような咆哮系デスヴォイスが炸裂!!」という展開が神がかり的に素晴らしいです。どんなに激しくなってもその背後には悲しみのメロディがしっかりと顔を覗かせてるというのもポイント。Keyの使い方もかなり効果的です。
2.These Hours Of Despairはかなりアグレッシヴな曲。攻撃的なサウンドとシンフォニックな装飾のバランスがかなり絶妙です。心の底から搾り出すようなデス声パートと、ダークな雰囲気を醸し出す呟きパートの対比も最高。
3.The Justice Of Sufferingもやっぱりダークでヘヴィな曲。もちろん低音グロウルパートも相変わらず素敵なのですが、クリーンヴォーカルパートの美しさがそれ以上に半端無く素晴らしいです。ゆったりしたメロディと、ズシーンと心の奥底まで響いてくるようなヘヴィ過ぎるギターリフも最高。ホント文句の付けようがありません。
4.Don't Fall Asleep (Horror pt. 2)ドラコニアンあたりを思い出させるような陰鬱な曲。哀しげなメロディに思わず胸を打たれます。途中で一気に爆発する「悲しみ/絶望のどん底」といった感じのデスヴォイスもたまらん。
続く他の曲もとにかく絶望や悲しみの塊のような曲ばかりで、完成度が恐ろしく高いです。個人的には特に5.Too Cold For Tearsとか7.No Light, No Hopeあたりがオススメかな。ドゥームっぽさ全開の8.Doomed To Walk The Earthも良いです。

ということでこのアルバム、普通の人にはあまりオススメできないのかもしれませんが、とりあえず絶望系ドゥーム/ゴシックが好きな人には是非聞いてみてほしいです。

オススメ度…93点

PV
Don't Fall Asleep(Horror pt. 2)

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/373-c3c69b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。