EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[VISION DIVINE]
VISION DIVINE
「STREAM OF CONSCIOUSNESS」




ヴィジョン・ディヴァインは元々、ラビリンスのオラフ・トーセン<G>と、ラプソディのファビオ・リオーネによるバンド。もちろん出身国はイタリア。しかし、ファビオはセカンドアルバムの後、脱退。そして新ヴォーカル、ミケーレ・ルッピを加えて制作されたのが、この2004年発表の三作目です。で、ミケーレルッピの歌唱力が、ファビオに負けず劣らずヤバイ。マジ上手すぎです。

6.La Vita Fuggeがホント最高、マジ最強。ヤバイよヤバ過ぎるよ。何がヤバいかって言うと、サビのメロディがホント良いんです。ミケーレの歌声は非常に哀愁が漂っていて、その声でこのサビを伸びやかに歌い上げられるともうたまりません。疾走感も抜群で、ギターソロも素晴らしい。イントロの呟きと、それに続く時計の秒針のような音も良い雰囲気出してます。
3.Colours Of My Worldも素晴らしいメロディの曲です。ミケーレのヴォーカルはやっぱり凄い。聴いていると、爽快な気分になれます。
9.Shadesも普通にカッコいい。ミケーレの伸びやかなハイトーンをここでもたっぷり堪能できます。
他にも2.The Secret Of Lifeとかも大好きだな。あと、アルバムの最後を飾る名バラード曲、14.Identitiesも素晴らしい。

ミケーレのヴォーカルはホント最高なんで是非聞いてみて下さい。

オススメ度…87点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/405-9978c7d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。