EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[WITHIN TEMPTATION]
WITHIN TEMPTATION「ENTER」



今やシンフォゴシック界において重要な位置を占めているオランダのバンド、ウィズイン・テンプテーションの一作目。1997年発表。美麗なメロディと、壮大なシンフォアレンジがこのバンドの魅力ですが、この頃はまだ割りと普通のゴシックメタルです。でもまぁメロディのセンスはこの頃から秀逸ですし、シャロン<Vo/♀>の可憐な歌声も健在(ちょっと若々しい?)。現在の彼らと比べると劣ってしまうだけで、ゴシックメタルとしてはそれなりののクオリティを備えています。ただ、時々入るデス声が最近のファンには抵抗あるかも。

とりあえず1.Restlessはピアノのメロディだけで悶絶。そこにシャロンの癒し系Voがのるんだからもうたまりません。ゆーっくりとした曲調もさらに癒し度をアップ。一度聞くと「らいらいら~い、ららいらいら~い♪」が脳内リピートされまくります。
2.Enterはダークな雰囲気が漂う曲。これもゆーっくりとした曲ですが、メロディはかなり秀逸です。デス声が結構普通に入ってくるのが最近のファンにはダメかも。
8.Candlesは結構ヘヴィながらも幻想的な雰囲気の曲。これもやっぱりデス声が普通に登場します。個人的にはこういうデス声と女性Voの絡みは全然好きなんだけどねぇ。
他には3.Pearls Of Lightとか7.Bloodedが好きかな。

このアルバム、ゴシックメタルとして決して悪くはないです。でも2nd以降があまりにも凄すぎるからねぇ…。僕もこのアルバムはなんだかんだであんまり聞いてませんし。まぁとりあえず2nd以降を全部集めて、余力があれば手に入れてみましょう。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/414-c0d46c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。