EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[WITHIN TEMPTATION]
WITHIN TEMPTATION「SILENT FORCE」



ウィズイン・テンプテーションはオランダ出身のゴシックメタルバンド。メランコリックなメロディに、女性Voシャロン・デン・アデルの透き通った可憐な歌声が乗る、というスタイルです。シンフォニックで荘厳なオーケストラやコーラスも多用されており、メロディの素晴らしさがいっそう増しています。まるで映画のサウンドトラックかと思うような、非常に幻想的な雰囲気。このアルバムは三作目で2004年発表。僕が買ったのは輸入盤のプレミアムバージョンで、ボーナストラックが2曲収録。

どの曲も究極に美しくて素晴らしいので選ぶのが難しいのですが、とりあえず8.Memoriesは至高の名曲。これはヤバイ。とりあえずメロディが美しすぎです。静かに奏でられるピアノやシンフォニックなサウンドがホントたまらない。そして何よりも素晴らしいのは、やはりシャロンの透き通った歌声。一度聴いたらメロメロです。
7.Angelsもやはり最高の曲で、シャロンの歌声がやはり魅惑的です。時に歌い出しが最高。荘厳な雰囲気も非常に素晴らしい。
4.Stand My Groundはなんだかエヴァネッセンスっぽい気もする曲。サビが特にそう思わせるが、そんなことは関係無しに素晴らしい曲です。
11.Somewhereはかなり幻想的な曲で、映画のサントラとかに使われていそうな感じ。
13.The Swan Songはボーナストラックなのにかなり素晴らしい曲。これも静かで幻想的な曲です。
他に曲も一切捨て曲無しで、全てが素晴らしい。このクオリティの高さはヤバイです。

このアルバムはホント名曲だらけなので、ゴシック系が好きな方は是非聞いてみて下さい。また、シャロンの歌声もかなり美しいので、「女性Voの綺麗な歌声に弱いんだよね~」という方は必聴でしょう。全体的にメタル色が希薄なので、一般の方も是非どうぞ。

オススメ度…99点

PV
Memories
Angels
Stand my Ground

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/416-f5616433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。