FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[XASTHUR]
XASTHUR「DEFECTIVE EPITAPH」



Maleficによる一人ブラックメタル・プロジェクト、ザスターの6作目にして日本デビュー作。2007年発表。とにかく不気味・無機質・病的・カオティックな鬱系プリミティヴ・ブラックで、暗黒っぷりが半端ありません。シャーシャーとしたギター、不穏なKeyの響き、籠った音質の絶叫Voなど、その全てが狂気的。「地獄の音を録音してきました」って感じの世界観です。今作から生ドラム&チェロを導入しているそうですが、チェロがどこに使われているのかはイマイチ良くわからん。比較対象を挙げるとするとやはりBURZUMあたりになるのでしょうが、それよりさらに強烈です。あの方向性を究極まで極めたようなサウンド。ちなみに日本盤にはレア音源をたっぷり収録したボーナスCDが付いてます。

1.Souless Elegyは3分ほどの短い曲。イントロ的な役目を持っているのでしょうか。初っ端から不穏な空気が漂います。籠った音質の絶叫・うめき声がじわじわと…。
2.Purgatory Spiralもとにかく不気味な曲。浮遊感のある退廃的なシンセサウンドが何度も何度も繰り返されます。ゆ~っくりとしたテンポが恐怖感をさらに増幅。
3.Cemetary Of Shattered Masksも似たような雰囲気が続きますが、こちらでは再び恐怖の叫び声が。文字にあらわすことも不可能な凄い声です。敢えて表記してみると「ァ゛ァ゛ーーーー」とかそんな感じ。音数の少ないドラムがやけに怖い。
4.Malignant Prophecyからやっと少しメタルっぽくギターが登場。かなりノイジーなサウンドで、不気味なことには変わりないですけど。そしてVoの絶叫はさらに強烈に…。
このアルバムは全12曲なのですが、この後もずーっとこんな感じの恐ろしい世界観のまま突き進みます。中には7.Dehumanizing Processionのようにアンビエント色の強い雰囲気を持った曲もありますが、基本は絶望的・狂気的な異世界サウンドです。一番好きな曲は…、うーん…、10.A Memorial To The Waste Of Lifeあたりかな? ノイジーなギターサウンドが良い感じに耳障りで、Voも断末魔の叫びみたいになってるし、ちゃんとアンビエント的な雰囲気も出てるし、さらには低音ツーバスまで出てくるし。

ということでこのバンド、なんか色々と超越しちゃってるので普通のメタラーには全くオススメしません。鬱系ブラックが好きな人、とにかく凄いものが聞きたい人、世の中に絶望している人、不幸になりたい人はどうぞ。まぁ不幸になっても責任は取れませんが。

オススメ度…99点

点数はもう何点付ければいいのかわからないので、いろんな意味を籠めての結果です。いやまぁ実際かなり好きだけどさ。最近聞きまくってるし、過去作も音楽性に変化無しの金太郎飴状態らしいけど是非とも手に入れたいし。

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/423-a26a69b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。