FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[YES]
YES「CLOSE TO THE EDGE」



イギリス出身のプログレッシヴ・ロックバンド、イエスの初期の傑作のひとつである5作目。1972年発表。収録曲はなんとたったの3曲ですが、非常に中身の濃い作品です。まぁHR/HM系のアーティストでは無いですけど、そっち方面に与えた影響も大ですし、プログレ系のメタルリスナーにもアピールする点も多いのではないかと。

1.Close To The Edgeはなんと18分という驚きの大曲。小鳥のさえずりから始まり、その後混沌としたギターサウンドがうねり狂うイントロへ。もうこの時点でたまらんです。変拍子、不思議なギターリフ、うねる重低音ベース、ピロピロとしたKeyなどが複雑に展開していく驚異的な曲ですが、それでいて整合感を失っていないところが凄い。コーラスとかも絶妙で良いです。もうホント言葉では表現できません。
2.And You And Iは10分ほどの曲。これはどちらかというと「癒し」って感じの曲で、心穏やかに黙って聴いていたいような曲。13に挟まれて地味なイメージもありますが、これも十分良い曲です。特にアコギのパートが良いね。
3.Siberian Khatruも9分ほどの長さの曲。耳を引くギターサウンドや綺麗なコーラスワークが素敵な、1と並ぶほどの名曲です。前半でのコーラス部がちょっと「アルプス一万尺」に似てるかも。構成はかなり凝っている割に、結構ポップだったりもするので聴きやすいです。個人的には中盤のKeyソロ&ギターソロに悶絶。

ということでこのアルバムは「これを聴かずにロックは語れない」ってくらいの名曲。まぁ「複雑な曲が苦手…」とか「長すぎるよ…」って人もいるかも知れませんが、それでも一度くらいは聞いておく価値はあるのではないかと。一回聴いただけではなかなか理解できないようなサウンドなので、何度もトライしてみる事をオススメします。

オススメ度…96点

OFFICIAL(→クリック)

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/424-d7b3f920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。