EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[陰陽座]
陰陽座「臥龍點睛」



日本が誇る妖怪ヘヴィメタルバンド、陰陽座の六作目。2005年発表。「和」のエッセンスを多分に取り入れたサウンドと、黒猫<Vo>瞬火<B,Vo>によるツインボーカルが特徴です。特に黒猫の歌唱力は特筆モノで、高音まで響く澄んだ歌声を自在に操ります。時々アニソンっぽい声の曲があるのは賛否両論のようですが、個人的には全く気になりません。演奏陣も非常にハイレベルですし、日本トップクラスのメタルバンドです。

個人的に一番すきなのは8.「蛟龍の巫女」。ツーバスがパタパタしている、思いっきりメロパワな曲です。サビメロがホント最高で、黒猫の歌声も非常に素晴らしい。
4.「甲賀忍法帖」8に負けないくらい素晴らしい曲。イントロの笛でいきなり悶絶です。これまたサビでの黒猫の歌声が良いんだよねぇ。「バジリスク」というアニメの主題歌になっていたらしく、確かにアニソンっぽい雰囲気も漂っています。
1.「靂」はちょっと陰陽座には珍しいリズム主体の曲。これもなかなか良い。ちなみに曲名は「かみのふるめき」と読みます。
5.「不知火」7.「月花」は個人的に陰陽座の隠れた名曲だと思っている曲。疾走感は全く無いのですが、メロディがとにかく秀逸です。落ち着いた感じの歌声も良いね。
そして、三部作の、9.「組曲「義経」~悪忌判官」,10.「組曲「義経」~夢魔炎上」,11.「組曲「義経」~来世邂逅」も素晴らしい出来。あの有名な義経について歌った曲です。特に9のギターリフがカッコ良すぎ。10は長い和風プログレッシヴな曲で、11はバラードとなっています。
他にはイントロがカッコイイ2.「龍の雲を得る如し」、スラッシーな6.「鬼ころし」あたりもオススメかな。

このアルバムは普通に良い曲がたっぷり詰まったアルバム。楽曲の充実度が凄いです。初期のおどろおどろしさは皆無になってしまいましたが、これはこれで非常に素晴らしい作品なのではないでしょうか。

オススメ度…89点

PV
甲賀忍法帖
組曲「義経」~悪忌判官
組曲「義経」~来世邂逅

OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/434-394797f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。