EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[陰陽座]
陰陽座「百鬼繚乱」



陰陽座は日本が誇る"妖怪"ヘヴィメタルバンド。最近は海外でのCD発売も決定し、その勢いはまさに天にも昇る勢いです。彼らの音楽性は、瞬火<B,Vo>黒猫<Vo/♀>によるツインボーカルと、「和」の旋律を取り入れたメロディが最大の特徴。他のバンドにはない絶大な個性を持ったバンドです。このアルバムは2000年発表の二作目。最近のアルバムはかなりポップでキャッチーですが、このアルバムは陰陽座の作品の中でも一番おどろおどろしい雰囲気が出ており、妖怪ヘヴィメタルという言葉が一番しっくりくる作品だと思います。

冒頭の1.「式を駆る者」はいきなり和のメロディ全開のイントロで始まる曲。その後の展開はかなりスラッシーで、そこに乗る黒猫の歌唱もかなり良い感じです。
それに続く2.「桜花ノ理」もかなりのキラーチューン。瞬火の歌い方がなんかセクシーな感じです(笑)。「あなたも、蜘蛛だったのですね…」という瞬火の呟きと共に、一転してギターソロへ雪崩れ込むという曲構成が堪らなく好きです。
そして個人的にこのアルバムで一番好きなのは7.「帝図魔魁譚」人間椅子にありそうな、不穏でおどろおどろしいベース&ギターのサウンドがかなり好きです。招鬼のデス声→黒猫の和風ハイトーン→瞬火の一人コーラス、みたいな流れもいい感じ。「妖怪」というコンセプトにマッチする名曲だと思います。
他にも、ドゥーミーな3.「塗り壁」、リフがやたらカッコいい4.「癲狂院狂人廓」、9分にも渡るプログレ的な9.「奇子」など、陰陽座の隠れた佳曲達が勢ぞろい。8.「化外忍法帖」とか、お祭りソング10.「がいながてや」も良い曲です。

ということでこのアルバム、最近の作品から好きになった人にはちょっと取っ付きにくいかもしれませんが、聞けば聞くほど良さがわかってくるようなアルバムです。一度聞いてダメだったとしても、是非何度も挑戦してみましょう。きっと知らない間にクセになるはずです。

オススメ度…86点

OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/436-ba1bd753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。