EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[陰陽座]
陰陽座「魔王戴天」



日本が誇る妖怪ヘヴィメタルバンド、陰陽座の7作目。2007年発表。作品ごとに少しずつ音楽性が変化している彼らですが、今作は思いっきり瞬火<B,Vo>色に染まった作品となっています。メタル度がグッと増し、個々の演奏技術も向上。そして何よりアルバム全体を通して見た楽曲の充実度がさらに強力になっているのが凄いです。前作で最大の問題であった音質の面が改善されているのも嬉しい限り。

緊張感のあるイントロ1.序曲から続く2.魔王が最高。黒猫の明るくパワフルな歌声と、ダークかつヘヴィなサウンドのコントラストが非常に良い感じです。途中で変拍子的に展開して妖怪メタルっぷりを発揮するところや、随所に顔を出す和の旋律もたまらん。
2.黒衣の天女は先行シングルとなった曲。単体だと「まぁ悪くは無いけど新鮮味に欠けるよね」という感じだったのですが、魔王からの流れだと印象がガラッと変わります。音源が変わってるんじゃないかと思って確認してしまったくらい。普通に良いわ。
4.不倶戴天はスラッシなリフが最高な曲。それなのに歌メロはかなりメロディアスってのもたまりません。和のツインギターも中々良い味出してるんじゃないでしょうか。
5.覇道忍法帖はこのアルバムのハイライトその2。全体的な展開も最高ですし、ラストの瞬火ヴォーカルに黒猫のソプラノがかぶさる部分が特に良いです。忍法帳シリーズには元々瞬火自陣が色んな制約を課しており、作品ごとにそれが少しずつ減らされていたようですが、今回は「Voは黒猫のみ」の制約が解除された模様。あとは狩姦の忍法ギターソロとかも無いね。今までの忍法帳シリーズとは全然違いますが、普通に良いわ。
6.ひょうすべは恒例のお祭りソング。今回はこんなところに位置しています。サビでの黒猫の歌い回しがかなり印象的で、一度聴いたらしばらく頭から離れません。リフもヘヴィでさりげなく良いですし、歴代お祭りソングの中でもかなり上位に入るのではないかと。
7.大頚はおどろおどろしいリフが印象的な、妖怪メタルっぷり炸裂な曲。全体を包み込むドゥーミーでダークなサウンドがたまりません。雰囲気満点の黒猫パートもGood。
8.骸はこのアルバムのハイライトその3。ヘヴィでアグレッシヴなリフが炸裂するスラッシュチューンです。「悪路王」とか「卍」みたいな感じ。瞬火の力いっぱいのシャウトも良いですが、やっぱり黒猫パートがたまらん。ただのスラッシュで終わらないのが陰陽座の凄い所。
9.接吻はバラード。他の曲に比べるとインパクトは無いですが、普通に良いです。
10.生きることとみつけたりだけは個人的にハズレ。ごめんなさい。なんか普通のJ-Rockっぽい感じがして…。あんま聴いたこと無いけどバンプ・オブ・チキンあたりを思い出してしまいました。あとはこの曲、Voが完璧に瞬火メイン。「黒猫歌ってない曲って初めてじゃね?」と思ったのですが、サビの後ろでハモってるのは一応黒猫なのだとか。

以上、ついつい長々と書いてしまいましたが、とにかくこの作品はかなり良いです。10曲43分という長さも適度ですし、即効性も高いうえに一曲一曲が濃ゆいのでじっくりと楽しめることができます。「瞬火が出しゃばり過ぎだろ」とか「あと数曲欲しいよ」という意見もチラホラあるようですが、個人的には現段階での最高傑作という認識。まぁファンなら買っても絶対に後悔はしないハズです。

オススメ度…91点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/437-df6fda09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。