EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[人間椅子]
人間椅子「桜の森の満開の下」



プログレ、ブリティッシュロック、ドゥームなど様々な要素を取り入れた日本のハードロックバンド、人間椅子の二作目。1991年発表。ファーストアルバムのドゥームっぽさが後退したこともあり、ファンの中では「地味な作品」という意見も多いようですが、個人的にはかなり好きな作品です。シンプルにカッコいい曲が多く、全体的に聴きやすい。

1.「爆弾行進曲」はギターリフがメチャクチャカッコいい曲。直ぐにノリノリになってしまうような、グルーヴ感溢れる曲です。一度終わったと見せかけてまたそのリフが始まるのがいいね。
2.「遺言状放送」は歌詞が意味不明だけど、1と同じようにノリノリになれる曲。
3.「心の火事」はなんか良くわかんないけど歌詞が好きな曲。これまたリフが秀逸なノリノリチューンです。「かーじだーかぁーじだ♪」のあたりのメロディが最高です。
5.「夜叉ヶ池」はかなりドラマティックな曲。アコースティックなバラードから一転、かなりヘヴィな展開へ変貌していきます。前半の哀愁たっぷりのメロディが特にたまらん。
8.「相撲の唄」は曲名の通り相撲をテーマとした曲。独特のリズム展開が繰り広げられる面白い曲です。ギターのメロディが良いね。
他には7.「盗人賛歌」とか10.「太陽黒点」あたりもドゥーミーで良いな。

ということでこのアルバムは、個人的にはかなり好きな作品です。ノリノリな曲が好きな人は最初の三曲は絶対に気に入るでしょう。

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/445-6e85509f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。