EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SOUND HORIZON]
SOUND HORIZON
 「ELYSION -楽園幻想物語組曲-」




日本の幻想楽団、サウンド・ホライズンのメジャー2作目。2005年発表。全然メタルではありませんが、メタルファンの中でもちょっと話題になったのだとか。クサいメロディと、台詞満載の物語形式の楽曲が特徴で、サウンド的にはゲーム音楽っぽい部分も多い。Voがアニソン系の可愛らしい歌声な上、歌詞も独自の物語をひたすら展開しているため、人によってはちょっと引いてしまうかも。個人的にはメロディがとにかくツボで、ヴァイオリンやアコーディオンなどがふんだんに使われているのもポイント高し。語りも結構好き。

1.エルの楽園[→ side:E →]はいきなりメタルっぽくエレキギターが疾走する曲。メチャクチャかっこいいです。メタルっぽいのは最初だけですが、メロディ自体が普通に良い。「ねぇパパ、その楽園では~」のフレーズはちょっと抵抗あるかも。
2.Arkは前作の方にも収録されていた曲。普通にカッコいいです。前作Verよりも音に厚みが増していて、後半部にはギターソロも追加。
3.エルの絵本[魔女とラフレンツェ]は徐々に魅力が伝わってくるドラマチックな曲。緩急の付け方が非常に良く、歌メロも最高。語り部分のバックで流れる幻想的なメロディも良いね。歌詞の物語はジャケの絵と連動してるのかな?
個人的に一番気に入ったのは9.エルの絵本[笛吹き男とパレード]。曲名の通りパレードっぽいメロディです。出だしの「ラリラ、ラッラ~ララ♪」の時点でかなり良い感じだし、その後のメロディが超ツボ。サビとかヤバイだろ。適度なオーケストレーションとか、笛やアコーディオンなど色々な楽器が使われてるのも最高です。仮面男の語りの「来るものは拒まないが去るものは決して許さない」ってフレーズも妙にツボだったりする。
他にも、前作にも収録されていた6.Yield、サックスの音色が最高な7.エルの天秤、切ない感じで歌詞がちょっと恐い8.Sacrifice、この作品の中で一番聴きやすいかもしれない10.Stardust、アルバムの物語を締めくくる11.エルの楽園[→ side:A →]と、全てがオススメ。作品全体を通して捨て曲は一切ありません。どれも中毒性高すぎ。

このバンド、メタルの世界観を非メタルで、しかも日本語でやったらこうなるんだろうなぁという感じです。語りが多過ぎたり、オタクっぽい雰囲気が漂ったりもしますが、一度ハマると抜け出せなくなるようなサウンド。たまにはこういうのも良いね。

オススメ度…97点

YOUTUBEで聴ける音源
エルの絵本[笛吹き男とパレード](曲になんか絵をつけたやつ?)
エルの楽園[→ side:E →](PV/人形怖い…)
Ark(音のみ)

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/475-6e965fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。