FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[六三四]
六三四「宮本武蔵」



ギター、ベース、ドラム、Key、尺八、和太鼓、津軽三味線という個性的な7人編成のロック・プロジェクト、六三四の5作目。2002年発表。バンド名はもちろん「むさし」と読み、由来はギター(6弦)+津軽三味線(3弦)+ベース(4弦)からなのだそうです。ギターは結構メタルっぽさも出てるので、HR/HMの範疇で語ってもおかしくない感じ。エレキサウンドと日本の伝統楽器の音色が意外にもかなりマッチしています。このアルバムは全曲インストで、タイトルの通り宮本武蔵をテーマにとったもの。楽曲が和風テイストというか、もはや「和」そのものなのがたまらなく素敵。海外でも高い評価を得ているそうです。

個人的に一番のお気に入りは7.心剣。宮本武蔵のテーマなのだそうです。静かなギターで始まり、さらに和太鼓が加わり、最後に三味線が華やかに登場!! というイントロからして最高。その後の曲展開もかなりドラマティックな感じで、ロックサウンドの中、自然な流れで登場する笛や三味線の音色が和風テイストをグッとアップさせています。
そしてもう一つお気に入りなのが6.長刀。これもかなりドラマティックな曲で、こちらは佐々木小次郎のテーマだそうです。メタリックなギターと何の違和感もなく絡み合う三味線の音色が良過ぎ。相変わらず笛も良い味出してます。
とりあえず大好きなのは上の二曲だけど、他にはこれまたメタリックなギターサウンドと日本の伝統楽器が程よく混ざり合った2.旋風とか、緊張感のある感じの3.関ヶ原9.巌流島、静かでドラマティックな4.小夜曲あたりも好きかな。

ということでこのアルバム、インストが大丈夫な人には普通にオススメ。僕自身、三味線とかそこまで好きなわけでもないのですが、こういう風にロックサウンドの中で使われているのを聴くとなんか新鮮で普通に楽しむことが出来ました。和風なサウンドが好きな人も是非どうぞ。

オススメ度…82点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/520-3db67d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。