FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[宗次郎]
宗次郎「光の国・木かげの花」

宗次郎 光の国・木かげの花

日本のオカリナ奏者、宗次郎の1995年発表のアルバム。光と陰をテーマとした作品なのだそうです。今まで自作してきた数万本の陶製オカリナの中から選びぬかれたものを使っているというだけあって、透き通るような音色が実に心地よい。心の奥まですーっと染み込んでくるかのようです。そして音色だけではなく、それを活かす楽曲の方も素晴らしい出来。二つが合わさって極上の癒しを得ることができます。

とりあえず5.光の花が最高過ぎ。軽快でありながらも、哀愁を振りまきまくってます。シンセやアコギに乗せて、基本的には同じフレーズが繰り返されるのですが、そのフレーズの哀愁っぷりが半端無い。
1.光の国はしっとりとしたこれまた哀愁たっぷりの曲。郷愁を誘うような切ないメロディが心に染み渡ります。途中で出てくるヴァイオリンとのコントラストもGood。なんかジブリ作品とかに使われたら合いそう。
6.平和の国ではまったりとした雰囲気の曲。オカリナの素朴な音色が心地よいです。どんなに高い音になっても耳障りじゃないんだよなぁ。
7.木かげの花も郷愁を誘う系の曲。温かみのあるオカリナのサウンドが最高です。なんか懐かしい気持ちになれます。
他には9.遠い星を超えてとか11.夢の国あたりも好きだなー。

このアルバム、癒し系サウンドに身を委ねたい人に猛烈にオススメします。オカリナの音色って中々良いものですよ。

オススメ度…92点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
ほぅ・・・
こういったヒーリング系も聴かれるんですね~。

僕もメタル系に絞らず色んなジャンルを聴きますが、
Hira.Rさんはさらにその上をいく広さですね。

宗次郎か~。
確か実家にCDがあったなぁ~。。。
親の(^^;)
2008/03/07(金) 14:13:55 | URL | atomyy #46aT3DLg[ 編集]
>atomyyさん
さすがにメタルほど手を広げているわけでは無いんですけど、なるべく色々聴くようにしてるんですよねー。メタルオンリーで突き進んでいた時期もありましたが(笑)。やっぱりメタル以外にも良い音楽はたくさんありますもんね。
ヒーリング系はメタルと対極にありそうな印象だったんですが、結構好きなものも多かったりするんですよねぇ。

宗次郎はオススメですよー。実家に帰る機会があれば是非(笑)
2008/03/08(土) 11:39:48 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/525-e0db9567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。