EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[MAGMA]
プログレです。

MAGMA「Üdü Wüdü」



クリスチャン・ヴァンデ<Dr,Vo,Piano>率いるフランス出身のプログレッシヴ・ロックバンド、マグマの6作目。1976年発表。初期2枚はジャズロックだったそうですが、それ以降は所謂プログレ的な方向に。そんな彼らの一番の特徴は、自分達で作り出した「コバイア語」という謎の言語を使っていること。天から降ってきた宇宙人の言葉だという非常に胡散臭いコバイア語ですが(ごめんなさい)、何とも奇妙かつ不思議な語感が妙にクセになります。そしてさらにサウンドの方も非常に個性的。この作品では重くダークなベースサウンドや、怪しく不思議なフレーズの繰り返しとかが印象的かな。これまた個性的なVoを含め、全体的に「暗黒」という言葉がしっくり来る雰囲気です。

とりあえず18分の大曲6.De Futuraが凄過ぎ。不穏な空気を醸し出すギターやシンセも中々良いですが、何といっても低音でドリュドリュと奇妙なフレーズを繰り返し続けるベースが強烈過ぎます。Voも低音で「アィ・アィ・オィ、オァイ~オィオィアィ~」って感じのフレーズを繰り返し続け、不気味なことこの上無し。そして8分を超えてからがこの曲のクライマックスで、ドリュドリュという低音ベースサウンドがリズミカルに、そして時に変拍子を交えつつさらに前面に押し出されてきます。なんかもう聞いてると自然にノリノリになって体が縦に動いてしまう感じ。Voは相変わらず不気味なままで「アーィ・アアァーイ・アーイ・アアア・アィアィ・ア~ィ」をひたすら。まるで何かの呪術のようですが、これが結構クセになってしまうのです。う~ん、コバイア語恐るべし。
1.Üdü Wüdüはサックスとピアノが軽快に響く、かなりノリの良い曲。Voはちょっとオペラチックな感じで、聞き取り不可能なコバイア語を高らかに、そしてかなりノリノリで歌い上げています。「フ・フ・フ、エレセイ~ニラ~ィ♪」って感じ。なんかめちゃくちゃ楽しい。
3.Troller Tanz (Ghost Dance)はイントロのKeyが怖過ぎ。その後は「テ・テン♪ テ・テン♪」みたいに妙にかわいいフレーズも入ってきたりもしますが、結局最初の不気味なフレーズが何度も登場してくるので結局怖いです。Voの登場はほんの少しですが、これまたかなり効果的なポイントで登場。不気味だ…。でもなんかクセになる…。

この作品は全6曲ですが、上に挙げてない曲もやはり独特で中々良いです。いかにも70年代って感じの音質なのに、これほどのダークな雰囲気を醸し出しているのが凄い。プログレ系オッケーな人はこの奇妙な暗黒世界を是非体感してみて欲しいです。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
むむむ。マグマですと。コバイア語はインパクト大ですよね(笑
プログレの中でもかなりダークネスな雰囲気があって好きです。
2008/03/19(水) 19:01:27 | URL | takanori678 #3fP8K/.I[ 編集]
>takanori678さん
コバイア語のインパクトはヤバイです(笑)
かなりダークなプログレですよねー。ベースの音がたまりません(笑)
2008/03/20(木) 12:23:44 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/564-7832597a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。