FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DEVIL DOLL]
DEVIL DOLL「SACRILEGIUM」

Sacrilegium Devil Doll

スロヴェニア出身のミスタードクターという謎の人物による一人プログレッシヴメタルプロジェクト、デヴィルドールの3作目。1992年発表。全てが謎に包まれており、詳しいことは何もわかっていないのだそうです。サウンドの方はかなりシンフォニック&ダークで、ゴシックとかそっちの方の要素も含まれている感じ。Voは一人で色々な声を使い分けており、聴いてて結構面白い。収録曲はなんと1曲のみで、収録時間は59分。ただ、最後の15分は無音です。邦題「宗教裁判」。

ということでその唯一の収録曲が1.Sacrilegium。まるでホラー映画のような不気味な曲で、基本的には静かで不穏な空気が漂っています。これを聴いて個人的には「誰もいない洋館に一人では行って扉を一つずつ開けていくとそこには…」のような絵が想像されましたが、実際歌詞を読んだら全然違いました(笑)。
イントロは仰々しい感じで、不気味な壮大さ。オルガンの音色などから物凄い宗教臭さが出ていてなんか怖いです。いったん静かになると3分38秒あたりでVoが登場。魔法使いのお婆さんのような感じで不気味過ぎ。さらに小さい女の子みたいな声や若い女性の声みたいなのも1人3役でこなし、歌っているのと会話してるのとの中間みたいな感じで進みます。その後も盛り上がったり静寂が訪れたりと進んでいきますが、やはりVoの方は会話的なスタンス。途中でなんだかホラー演劇を見ているかのような錯覚に陥ります。声のバリエーションがどんどん増えて、それを全て1人でやっているというのが凄い。
個人的には29分17秒からエレキがバリバリ登場してくるところのメロディがツボ過ぎ。怪しさや胡散臭さが半端無く、このフレーズだけがやたら頭にこびり付いて離れなくなります。それ以外の部分でもストリングスアレンジが素晴らしかったり、おどろおどろしさがヤバかったり、クワイアの壮大さが圧巻だったりと聴き所は満載。

この作品、たった1曲というのが驚きですが完成度はかなり高いです。問題点は長いからあんまり気軽には聴けないってことくらいかな。ラクリモーサとかが好きな人には結構オススメできるかも。

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/596-fb0be07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。