EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[AHAB]
AHAB「THE CALL OF THE WRETCHED SEA」

Ahab The Call Of The Wretched Sea

ドイツ出身のフューネラルドゥーム/ゴシックメタルバンド、アハブのデビュー作。2006年発表。死ぬほどヘヴィ&ダークなサウンドが特徴で、深くそして暗ーい海の底へゆーっくりと沈み込んでいくかのような感覚が楽しめます。最初っから最後まで盛り上がるようなパートは一切無く、「絶望」や「鬱」という言葉を音楽にしてみましたという感じ。Voは迫力のあるデス声で、このバンドの音にピッタリ。10分前後の楽曲がずらっと並び、聴く者をジワジワと暗黒世界へ引きずり込みます。

1.Below The Sunから強烈。出だしの儚いKeyの音で不穏な空気が漂い、2分ぐらいから登場する超ヘヴィ&スローなギターで一気に暗黒世界に突入します。その先はもう夢も希望も無いようなサウンドがひたすら展開。「ドヨーンとした音」とかそんなレベルでは無いです。
2.The Pacificはドラムの音だけが「ドーン…、スコーン…」と響き渡る出だしが不気味。そこからまた真っ黒なギターサウンドが登場し、再び暗黒世界の真っ只中に放り込まれたような感覚に陥ります。ギターがヘヴィなだけじゃなくて微妙にメロディアスなのが良いんだよな。このゆっくりさも慣れるとちょっと心地良い気がしてくるし…。
他の曲も全て雰囲気的には同じような暗黒世界なのですが、全部同じに聞こえるかというとそうでもないのが凄い。中では6.The Huntとか7.Ahab's Oathが好きかな。

ドラコニアンなどの絶望ゴシックを極限まで突き詰めたらこうなりました」というようなサウンドなので、普通の絶望ゴシックじゃ飽き足らないぜという人は是非試してみてください。普通の人にはあまりオススメしません。

オススメ度…85点

YOU TUBEで聴けるもの
The Pacific
Ahab's Oath

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/601-b2e48c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。