EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[MICHAEL SCHENKER GROUP]
邦題は「神 (帰ってきたフライングアロウ)」

MICHAEL SCHENKER GROUP
「MICHAEL SCHENKER GROUP」


MICHAEL SCHENKER GROUP

UFOで活躍した、「神」の称号を持つギタリストマイケル・シェンカー率いるマイケルシェンカー・グループの記念すべき一作目。1980年発表。「神」と崇められるのも納得の凄まじいギタープレイがたっぷりと詰め込まれており、ギターを弾く人はもちろん、全てのリスナーが感動すること間違いなしと言っても過言ではないようなサウンドです。勿論ギターだけじゃなくて楽曲自体も文句なしの素晴らしい出来。

とりあえず6.Into The Arenaが究極のインスト。速いとかテクニカルとか云々を超絶した魂のギタープレイで、とにかくエモーショナルさが半端無い。ギターだけで心の底から感動できるような曲は中々ありません。特に後半部のまさに泣きっぷりはヤバイなぁ。こういう曲を前にして初めて「神」という形容を使うべきです。
そしてもう一つ最高なのが2.Cry For The Nations。ほんわかとしたイントロから突如ギターが入ってくる部分は何度聴いても最高です。歌メロもかなり良く、サビは思わず一緒に歌いたくなる感じ。そしてソロではやはり神懸り的なプレイを聞くことが可能です。
他には、軽快なロックンロール1.Armed And Ready、哀愁のインスト4.Bijou Pleasurette、ドラマティックな大曲9.Lost Horizonsあたりが特に好きかな。

この作品は、とりあえず26のためにだけでも買う価値があります。音が古臭いとかそんなこと関係無しの素晴らしさ。是非ともマイケルのエモーショナルなギタープレイに酔いしれてください。

オススメ度…91点

PV
Cry For The Nations

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
再びこんばんは!
やっぱりマイケル・シェンカーはUFO~この頃が最盛期でしょうね。それにしても本当に"Into The Arena"はすごい曲ですよね!
2008/04/02(水) 01:10:21 | URL | ピッペン #JalddpaA[ 編集]
>ピッペンさん
こんばんは!!
"Into The Arena"はホントまさに神曲ですよねー。ギタープレイだけで鳥肌が立ってしまいます(笑)
2008/04/02(水) 01:17:15 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
UFO時代はまだ20歳にもなっていないマイケル・シェンカー。
本当に天才というかカリスマというかなんというか。
インストでも曲中でのギターソロやリフもその才能が爆発してますよね。

しかしグラハム・ボネットはどうしてこうも気難しいギタリストに好かれるのか(笑)
2008/04/02(水) 22:34:32 | URL | takanori678 #/.vXHtcA[ 編集]
>takanori678さん
ホント彼の才能の集大成ですよねー。

確かにグラハムはかわいそうですよね。ここまで来るともう一種の才能です(笑)
2008/04/02(水) 23:41:56 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/620-443dccbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。