EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[BULLETS AND OCTANE]
BULLETS AND OCTANE
「IN THE MOUTH OF THE YOUNG」




米国出身の爆走ロックンロールバンド、ブレッツ・アンド・オクタンの二作目。2006年発表。最初っから最後まで勢いMAXのパンキッシュなロックンロールで、実に爽快なサウンドを掻き鳴らしています。リフは特に個性的なわけでもないけど、使い方が絶妙。一曲一曲がコンパクトにまとまっており、素直にノれて楽しめるような楽曲がずらーっと並んでいます。Voはわりと荒々しいですが、結構聴きやすい感じ。

とりあえず1.Going Blindで誰もがぶっ飛ぶはず。カッコ良過ぎだろ、マジで。最初聞いたときなんて思わずガッツポーズしちゃったわ。勢い満点の爆走ロックンロールで、とにかく爽快。テンション上がって一緒に叫びたくなります。
続く2.My Diseaseもそのままの勢いで爆走。パンキッシュでノリノリなグルーヴ感がたまりません。リフがクール過ぎ。仄かに漂う哀愁もGood。
そしてさらにそのまま3.Save Me Sorrow4.I Aint Your Savior5.Cancer Californiaと最高にクールなロックンロールのオンパレード。この流れはマジで神がかり的。ヤバイわ。どの曲にも仄かな哀愁が漂ってて、それがまた良い感じなんだよねぇ。割りと音が目立ってるベースも良い。
他の曲も基本的に全部最高で、9.Caving In14.Sweet Dreamsあたりが特にオススメかな。とにかくアルバムを通して全てが良い。

この作品、ロックンロールが好きならば絶対に聴いておくべきです。某雑誌で「これを聴いて何も感じなければロックとは無縁だ」みたいなことが書いてあり、聴くまでは「それは言いすぎだろー」なんて思ってましたが、いざ聴いてみるとそう言いたくなるのも納得。

オススメ度…94点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/67-5a62db45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。