EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[UFO]
UFO「LIGHTS OUT」

UFO Lights Out

イギリス出身のハードロックバンド、ユーフォーの7作目。1977年発表。唯一神マイケルシェンカー<G>がまだ在籍していた頃の作品で、泣きまくりかつエモーショナルなギタープレイがふんだんに散りばめられています。4th「Phenomenon」と双璧を成すといわれる名盤で、とにかく秀逸な曲ばかり。作品全体を包み込む荒々しさと何とも言えない寂しさのバランスが絶妙です。邦題は「新たなる殺意」。

やっぱり一番好きなのは4.Lights Outマイケルの弾きまくりギターが半端無くカッコ良いです。かなりメタリックな雰囲気で、リフもクールだし、疾走感もたまらないし、まさに言うこと無し。
1.Too Hot To Handleはキャッチーな感じで親しみやすい曲。サビのコーラスが口ずさみやすくて良いわ。
3.Try Meは感動のバラード。切ないピアノの音色物憂げなVoがぴったりマッチしています。後半では泣きのギターも炸裂しまくり。
8.Love To Loveもかなりのキラーチューンで、やっぱりキーワードは"泣き"。ドラマティックな盛り上がりと、全体を支配する最高級の哀愁がたまりません。アコギの音色は切ないし、エレキの音色は叙情的だし…、ほんと凄いな。最後の1分は神のみのなせる業です。

70年代ということで古き良きハードロックって感じがしてしまうことは確かですが、そういう年代の壁を超えた魅力を持った作品です。マイケルのプレイを是非ここでも体験してみてください。

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
UFOのこのジャケットは70年代っぽい雰囲気を感じない拙者です(笑)

そういえば久しぶりにMSGの新作が出るということで期待しております。
2008/05/17(土) 10:17:17 | URL | takanori678 #/.vXHtcA[ 編集]
>takanori678さん
確かにあんまり感じませんね(笑)

そういえばでますねー。言われてみれば結構久しぶりですよね。前作が出たときはお金が無くて見送ったのですが、近作は買ってしまうかもしれません(笑)
2008/05/17(土) 19:29:04 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/676-6bd57952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。