EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DEICIDE]
DEICIDE「ONCE UPON THE CROSS」

Deicide Once Upon The Cross

神殺しという意味のバンド名を持つ悪魔崇拝アンチクライスト・デスメタルバンド、ディーサイドの3作目。1995年発表。過激なジャケノ通り内容も禍々しさ全開で、ヘヴィかつアグレッシヴにひたすら突き進みます。テクニカルな上に音圧が凄まじく、グイグイと圧倒されてしまうような感じ。「これぞデスメタル!!」といった感じの正統派な音です。

とりあえず1.Once Upon The Crossからもう凄い。禍々しさや凶暴さが半端無いことになっています。Voの迫力もあり過ぎ。
2.Christ Deniedもゴリゴリと突き進む凶悪デスメタルチューン。そこ通れないんですけどーって道を無理やり突き破っていくような突撃っぷりがたまりません。ミドルテンポの妙にノリの良いリフと疾走パートが交互に出てくるのもツボだったり。ギターソロも狂気的で良いね。
4.Kill The Christianはとりあえずタイトルがストレート過ぎる。楽曲の方も憎しみにまみれたようなアグレッシヴな曲で、これも疾走とミドルテンポの転調が巧い。サビと思われる部分では、たぶん「キルザクリスチャーン!!」って言ってるんだろうけど、デスヴォイスに迫力があり過ぎてもはや何も聴き取れません。
6.They Are The Children Of The Underworldは疾走っぷりとリフのノリノリさがヤバイ。めっちゃ過激なのにめっちゃノれる感じ。体を縦に動かしたくなるようなリズムです。
他には3.When Satan Rules His Worldとか7.Behind The Light Thou Shall Riseあたりが普通にオススメかな。

とりあえずもうサウンド的にも思想的にもデスメタルの教科書的な作品なので、「デスメタルってどんな音楽ですか?」って言われたらこれを渡しておけば良いような感じ。別に思想部分は気にしなくていいので、カッコ良い正統派デスメタルが聴きたければ是非試してみてください。

オススメ度…87点

PV
Once Upon The Cross

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/678-9d3d22cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。